ギフテッドの研究者が解説する映画『ギフテッド』。

  • 2017.11.23 Thursday
  • 01:05
11月中旬に

National Association for Gifted Children(NAGC)

のannual conventionがありました。

私は当然ながら参加していませんが

UConnのレンズーリ教授、リース教授など教授の方々はもちろん

博士課程の皆さんも発表していて

おぉ〜〜!

と勝手に応援しておりました。

NAGCのコンベンションは

毎年ギフテッド/ギフテッド教育の大御所&若手の研究者が一斉に集まる一方で

ギフテッドの子を持つ家族や

ローカルのギフテッド・プログラムの教師、コーディネーターなど

誰でも気軽に参加できるため

私も一度はぜひとも参加してみたいと思っています。

ちなみに

日本では全米天才児協会と意訳されることもあるNAGCの会員には

誰でもなれますよ。。

年会費は必須ですが、ご興味ある方はコチラをどうぞ。

蛇足ながら

息子の学校のギフテッド・プログラムの先生方もブースを構え



何やらプレゼンもされていたそうです。

私の今学期のクラスメイト(=GATE teacher)も参加してきたそうですよ。

彼女は会場で

現在 コース内で使用しているテキストの筆者かつUConn卒業者である教授に

「偶然会った!話してきた!」

と興奮していました(笑)

ギフテッドの研究自体が比較的新しいためか

大御所の教授の方々

例えばUConnの教授の方々とハワード・ガードナー教授等が普通に皆知り合いで

いまだに毎回びっくりしてしまいます。

「当時ジョーはこう主張していたけれどボブは意を唱えていて、どうのこうの・・・」

などという教授のレクチャーを聞きながら

ジョーはレンズーリ教授だけど・・ボブ・・・・って誰だっけ??

と話半分に記憶の糸をたぐり寄せていたら

そのボブは普通にロバート・スタンバーグ教授だった、、、

私の記憶の糸先には存在し得ない方だった、、、

とか (^^;;

皆さん同世代なのですね。

まあそれはいいのですが

今回のコンベンションでは

映画『ギフテッド』の脚本家トム・フリン氏がゲストとして招かれており

フリン氏の『ギフテッド』にまつわる話&裏話を

ギフテッド研究者の大御所である心理学者シルビア・リム教授

専門家として解析されていました。

下記が↓フリン氏とリム教授の対談のFB動画です。

https://www.facebook.com/nagcgifted/videos/1524216810987270/

1時間半弱の長い対談でしたが

リム教授の専門家としての分析、解説が非常に面白く

私の今学期最後の三大プロジェクト第3弾にも大変役に立つ内容でした。

(このLIVEの存在を知らせてくれた友人へ。いつもありがとう。。)

時間のある方は(英語ですが)ぜひぜひ!

対談は動画の10.00頃から始まります。

対談のなかでリム教授が指摘され

改めて「大事だな」と感じた点を以下に幾つか挙げたいと思いますが

映画を観たことが大前提となりますので、ご了承ください。


いよいよ日本公開です。


【映画『ギフテッド』におけるリム教授のポイント】

*メアリーは数学の超ギフテッドであるが、ギフテッドには “マイルドにギフテッド” からメアリーのように “超ギフテッド” まで、様々存在している。

*メアリーのような超ギフテッド(PG/Profoundly Gifted)は、ギフテッド人口のなかでも数少ないが、存在する。

*メアリーは数学のギフテッドだが、ギフテッドのなかには(数学や、ほか理系分野ではなく)文学のギフテッドや芸術のギフテッドなども同等に存在している。(映画でメアリーを数学のギフテッドにしたのは、フリン氏の家族のなかに数学のプロディジーがいるからだそう)

*メアリーにも顕著に見られるように、ギフテッドは不均衡に成長していくのが特徴的だ。(例えばスクールバスのなかで いじめっ子に立ち向かい容赦なく怪我をさせてしまう箇所など、正義感が強い部分もさることながら、知的な部分が大学生以上に秀でているのに対して精神的に未熟というか、そこは実年齢相応というか・・・)

*映画ではメアリーの叔父フランクと祖母エブリンが “メアリーの育て方” について対立するが、どちらの主張も間違ってはいない。

*しかし、フランク、エブリン、どちらも極端に突っ走っており、実際の話であったらどちらの育て方も微妙である。

*フランクも(メアリーの母である姉の死のトラウマから)「メアリーは子どもらしく普通に育てたい」と頑なになり過ぎているが、結局のところホームスクールで(教材を与えたのか実際に求められるまま教えたのかは不明だが)メアリーが微分積分まで習得できる環境を整えたのはフランク自身であり、そこにフランクの葛藤が見られる。

*メアリーのように “学びたい子ども” のニーズを「子どもらしく育てたい」「普通に育てたい」からといった理由で無視するのは情動的にも絶対にいけない。先に先にと学んでいくのがメアリーにとっての “普通” なのだから。

*この映画のなかでのベストな教育オプションは、メアリーの学校が勧め(フランクが拒否した)ギフテッド・スクールにメアリーを通わせることだった。ギフテッド・スクールはギフテッドのアカデミック・ニーズ、ソーシャル&エモーショナル・ニーズを理解している。フランクが望んでいた “同年代の友達ができる環境” もメアリーに与えることができた。不均衡に成長していくギフテッドの、いずれ巣立つときのための最適なソーシャル・トレーニングの場ともなり得た。ギフテッド・スクールはそのために存在している。

*才能開花に執着するエブリンも、やはり数学の超ギフテッドだった娘(メアリーの母)を死に追いやってしまったほど極端だが、フランクのように「普通の子どもらしく育てたい」とメアリーの才能を極端に否定する育て方も(そのような家族に実際何度も遭遇してきたが)ギフテッドの子達を追い詰めてしまいかねない。

〜シルビア・リム教授と脚本家トム・フリン氏との対談より抜粋@NAGC2017〜






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

キャッチアップ、完。

  • 2017.11.17 Friday
  • 02:35
またまたご無沙汰しております



三大プロジェクト第1弾をたった今やり終え

ようやく、ようやく、キャッチアップした次第 (T_T)

1ヶ月半かかりました、、、

つらかった (;´Д`A

残る大きな課題は第3弾のみ。

毎週の課題も来週が最後となり

今学期もあと1ヶ月で終わります。

はぁ・・・・・

冬休みが待てない・・・

ふと思い起こしてみたら

今年3月初旬に大学院進学を決めてから今日までずっと

まともに休みが取れていませんでした。

夏休みも夏学期の課題で2~3日しか取れなかったし

とりあえず今年は本当に走りっ放しであります、、、

「毎日どういうスケジュールなの?」

と先日ふと訊かれたとき

毎日、最低限の家事をしているとき以外、基本ずっと課題・・・

と答えた自分の答えに自分が一番驚きました。

でも本当にそうなのですね。

思春期真っ只中で浮き沈み超過剰な僕さんと大人気なく戦いながら

毎日基本ずっと勉強しているのでした、、、

20年前に夫が米大学院で修士号を取ったときの話まで思い出しましたよ。

食事の時間以外は ずーーーっと こもって勉強していた

気が狂いそうだった

一生分勉強した

もう二度と勉強したくない(=Ph.Dを取るための留学はしたくない)と。

やはり起きている時間はずーっと勉強せざるを得なかったのですね。

しかも当時の夫は独身で

企業留学?というのか 社費留学?というのか何なのかわかりませんが

とりあえず留学中は(おそらく)勉強のみに集中できる環境で

唯一の休憩時間である食事時間も

時間と労力を無駄遣いしないために外食やテイクアウト、冷凍ミールのみ・・・

と素晴らしく羨ましい勉強環境 ヽ(´o`;

まあ20代の独身で自由だったのだから当然ですが

それでも毎日一日中勉強せざるを得なかったほど大変だったことを思うと

やっぱりアメリカの大学院って半端なく勉強させるよね、、、

と今初めて身をもって共感しているのでした (._.)

(いや、大学=学士号でも勉強させられましたが、、、)

(日本も大学院は大変なのかな? 全然知らなくてすみません ^^; )

夫は確か

通常は2年で取るマスターを1年半で取らざるを得なかったそうだから

余計に大変だったのかもしれません。

ただ

もう二度と勉強したくない

という気持ちは最近ちょっとわかる気がしてきましたよ。

私も今は

Ph.Dはもういいわ、、、

という感じ。

少なくともオンラインではもうやりたくないです。

ってM.A.を無事に取得するまで まだ1年半も残っているのに弱気な発言 (^^;)

まあいいや。

とりあえず三大プロジェクト第2弾の論文も

時間、体力、気力の限界で最悪にcrappyな仕上がりだったのに

まさかのAをいただけて

ありがたいというか

あり得ないというか

非常に複雑な気持ち・・・

私が教授だったらB-をつけただろうな。

それほどまでに尻切れトンボな仕上がりになってしまったから。

努力を評価していただけているのだと思いたい(苦笑)

努力だけはしているので(笑)

というか能力がないから努力でカバーするしかないでありましょう(笑笑)

とりあえず残り1ヶ月

踏ん張ります。

最近の冷え込みには気をつけて

皆さんも風邪などひきませんよう。。

(第2弾のケーススタディーにご協力いただいたお友達の皆さん、本当に本当にありがとうございました。助かりました。。)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

怒涛はきっと私だけ。

  • 2017.11.09 Thursday
  • 20:40
今さらながら三大プロジェクト第2弾を先ほど提出しました。

。・゜・(ノД`)・゜・。

苦しかった、、、

1日くらい休みたいですが

もうすでに今週の課題に遅れをとっているので

というか今週の勉強に手をつけてすらおらず

今晩中になんとかするという状況であります。

何が恐ろしかったって

第2弾を提出しがてらディスカッション・フォーラムに顔を出したら

私以外のクラスメイト11人は

すでにディスカッション・クエスチョンに余裕で答えていたよ

という事実でありましょう。

皆さん

現役フルタイムの教師なのに

いつ課題をやっているのか・・・

その生活をFBなんぞで垣間見ると

学校のハロウィーン・イベントで完璧な仮装で “先生” していたり

市の『なんとかデー』やらに教師仲間と参加していたり

子どもを(しかもちゃんと定期的に)遊びに連れて行ったり

旦那さんやお母さんなど家族の誕生日祝いに大きなケーキを焼いていたり

(その素敵なバースデーパーティーの準備もきっとしただろうし)

と衝撃的に充実したアクティブな生活(゚д゚lll)

課題はもちろん

いったいいつ休んでいるのでしょう??

怒涛の毎日に呑み込まれ

アップアップしているのは

きっと私ひとりだけ(笑)

皆さんの手抜きナシ感が素晴らし過ぎて

私は亜然とするばかり。

本当に同じコースをとっているのでしょうか(苦笑)

それにしてもバースデーケーキか(´-`)

私など

この第2弾に集中していた日々は

朝昼オートミールで

時間労力をセーブしておりました。

(単に作るのが面倒なだけ。一点集中型なのでヨソゴトはできません)

(しかし僕さん&夫のためだけに超時短料理はしていた)

(超時短=基本焼くだけ 時々 煮込み)

(煮込み=カレー、シチュー、豚汁。栄養を考慮し野菜どたっぷり)

(↑このおこぼれに私もあずかる)

私がシングルだったら

完全に毎食オートミールだったでしょうな。

こんな余裕のない私にケーキなど焼けるはずもなく

クラスメイトの凄さにますます感動、敬服してしまうんでありました。

とりあえず今から今週の課題に集中します。

なんとか今夜中に終わらせたい。

前にも書いたと思いますが

三大プロジェクト第1弾も(あと少し!なのに)まだ終わらせておらず

落ちこぼれ生徒の代表になっているのです。

日本人にも時間を守れないヤツがいるんだね

とアメリカ人の皆さんにカルチャーショックを与えているかもしれません。

今月末には三大プロジェクト第3弾も控えているし

最悪ですな、、、

としか言いようがない大人の学生生活であります。

それでも怒涛はきっと私だけ σ(^_^;)

頑張ります。


【追伸】
僕さんもハイスクールの勉強に追われて怒涛の毎日であります。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

連休に本気出すつもり。

  • 2017.11.02 Thursday
  • 19:55
11月に入ってしまいました。

三大プロジェクトの第2弾と僕さんの諸々で

多忙極めております。

僕さんのサマーキャンプの募集もいよいよ始まり

そちらも始めなければ・・・

しかしまずは私の第2弾が先・・・

ということで

今週いっぱいかけてなんとか終わらせたい (T_T)

私の精神安定剤であるこのカクタス通信もまったく書けず

結構追い詰められております。

10月も全然書けませんでした。



この第2弾ができたら

ちょっと一息つけるかな?

散歩すら

なかなか行けませんが

秋を感じることができて

一瞬幸せを感じた次第(´-`)

今から本気出します。

ではでは。

素敵な連休をお過ごしくださいね (^^)

(連休ですよね??)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

TOEFLが不要なケース。

  • 2017.10.28 Saturday
  • 02:20
僕さんの学校(K-12)のギフテッド・プログラム(アカデミー)には

プログラムのなかにカレッジ・カウンセリングというものが含まれていて

ミドルスクールの頃から大学受験を視野に入れた指導や相談を

生徒(である僕さん)が毎週Skypeで受けることになっています。

このカレッジコーチも

当たり外れなのか、なんなのか

やはり合う合わないはあって

7年生の年のカレッジコーチとはダラダラやっている感じでした。

しかし8年生の昨年度から僕さんの担当となった新しいカレッジコーチは

僕さんの毎週のプログレスから何からしっかりチェックしてくださり

私の事細かな質問にもすごく丁寧に答えてくださって

本当にありがたく、本当に助かっています。

僕さんの学校には

仕事が普通より速い先生と、普通よりゆっくりめな先生がいるのですが

普通より速い先生は

気がまわり、いろいろ細かく、かなりきちんとしていて

信頼が置けます。

僕さんのカレッジコーチも仕事が速く本当にきちんとした方なので

いやぁ、ありがたい!

と私などは毎週感謝しているのでした。

そのカレッジコーチに

今週(数ヶ月ぶり!に)ようやくメールを書いて

私があまりわかっていない大学受験の諸々のうち

とりあえず早急に知りたいこと7つを質問したのですが

なんとなんと僕さんは

米大学受験にTOEFLは必要ないことが判明し

カレッジフェアなどで聞いた話と違って大ショック!

もちろん枠はinternational studentsになるのですが

アメリカ現地校や英語が公用語の高校に3年以上連続で通っていた生徒は

英語がネイティブ並みであるとみなされ

TOEFLは免除されるとのことでありました。

(僕さんの学校にはinternational studentsも数多く在籍している)

カレッジコーチいわく

大学受験時には僕さんはUS schoolに少なくとも6年通っていたことになるため

TOEFLは必要ない、と・・・

(代わりにSATなどの言語スコアは最低でもネイティブ並みを期待される)

(英語が公用語のインターの生徒もTOEFL免除になるんだろうか?)

(英語が公用語の小中学校に所属していたバイリンガルでもTOEFLは必要)

(要は高校時代を英語が公用語の学校で過ごした外国人生徒のみTOEFL免除)

(↑大学によっては違うかもしれません。UCはコーチの言う通りでした)

しかし

だからこそ(僕さんの)高校を卒業するためには日本語以外の外国語が必須

ということで

今年度から勉強しているラテン語はドロップできないそうであります (^^;;

じつは僕さんは

今年度の高校1年目で課されている勉強量の多さに途方に暮れており

今月はちょっと荒れているのでした。

故に

そういえば日本人だし

すでに(一応なんちゃって)バイリンガルなのだから

あえて第3ヶ国語を勉強する必要があるのだろうか

と私も思ったわけです。

先月ちょっと話を聞いた某カレッジの日本人スタッフにも

「僕さんには第3ヶ国語は要らない。TOEFLが必要だ」

と言われたし

僕さんの学校の(カレッジコーチでなく)スクールカウンセラーにも

「3ヶ国語を操れると大学受験にプラスだから強く勧める」

と言われ

「第3ヶ国語は必要ではない、が、あったほうが大学受験にはかなり得である」

と解釈でき

明確な基準がよくわからなくて困っていたのでした。

もし

僕さんのような(超なんちゃって)バイリンガル生徒は

すでに英語と外国語を習得している(ことになる)ため

必須科目である外国語は免除

ということであったら

ラテン語のコースを今すぐにやめ

全体の勉強量を少しでも少なくしたかったのですが

今回カレッジコーチが

いやいや、僕さんは、英語&外国語に関してはアメリカ人生徒と同じ土俵です

と明確に説明してくださったので

やっとすっきりした次第であります。

TOEFLが要らないことにもびっくりしましたけど

でもまあ確かに要らないですよね σ(^_^;)

キンダーから英語が公用語の学校で勉強してきているのですから。

だからこそ私としては

ラテン語の代わりに母国語であるはずの日本語を勉強させたいのですが

今の勉強量では日本語を勉強する余裕が(僕さん的には)なく

残念ですが断念するしかありません。

僕さんの日本語の勉強は

私が大学院を卒業したあとのschool year=僕さんが11年生の年に

改めてしっかり教えようと思いました。

(今は私も教える時間がまったくない、、、)

ちなみに僕さんは

ラテン語自体は非常に面白い

と楽しんでいます。

ただ

勉強が全体的に大変なため

必須でないのならラテン語をやめたい

と願っていたのでした。

昨年度までの(今から思うとゆるかった)ミドルスクールとは打って変わり

今年度からは(好きでない)国語=英語や世界地理もHonorsで

初めてのAPコースや外国語コースにも挑戦し

ギフテッド・プログラムならではの必須コースも2つあり

それらに飛び級している理数のHonors 2コースを合わせて

全8コース (ーー;)

忙しいスケジュールが大の苦手な僕さんにとって

これはとんでもなく大きなトランジションであります。

まさに試練!(苦笑)

今年度が山でありましょう。

すべてのコースが

今のところ想像していたほど難しくはなくて

とにかく作業的に面倒で時間がかかるだけ

というのは幸なのか不幸なのか

一体どちらなんでしょうかね、、、

究極に面倒くさがり屋の僕さんにとっては

地獄かもしれません。

踏ん張れ、僕さん!

面倒でも通らなくちゃいけない道は(たまには)ある!

それが高校を通して体験的に学べるだけでもありがたい

と私は思っています。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

三大プロジェクト第2弾の季節。

  • 2017.10.27 Friday
  • 16:30
こんにちは。

ついさっき10月に入ったと思ったのに

気づいたら10月末になっていました。

びっくりしています・・・

この1ヶ月も(僕さん&私それぞれ)いろいろあって

忘れないように書きとめておこうと思っていたのに

毎週の課題などに追われ

まったく書けませんでした (^^;)

これは前にカクタス通信で書いたと思うのですが

先月末に不安感が強く出てしまったため

今学期のコースの三大プロジェクト第1弾は(結局)延長している次第・・・

毎週の課題の合間に(その第1弾の論文を)書き続け

あともう少しで提出なるか!

というところで第2弾の季節が到来してしまい

とりあえず明日からは第2弾に先にとりかかろう

と思っているところであります。

今日はウィークリー課題をまず終わらせよう・・・

それにしても

毎週毎週

どれだけ読ませるんだ、、、

と情報過多で脳がはちきれそうでございます (T_T)

そのアウトプットとしてディスカッション・クエスチョンに答えるのですが

それがオンラインだとエッセイ形式なってしまうため

毎週毎週

どれだけ書かせるんだ、、、

と活字離れしたくなります (T_T)

本当にもうしばらく何も読みたくない!という感じ、、、

でもコースはまだあと1ヶ月半続き

今が踏ん張りどころでありましょう・・・

40も(かなり)過ぎてから大学院に入って勉強する

ということは

若い学生の頃と違って様々な覚悟も必要ですし

好きじゃなければできないと思うのですが

好きだし覚悟もしたのに今更ながら正直つらいですね(苦笑)

勉強だけに集中できるならそこまで大変じゃないと思うのです。

それが状況的にできない歳をとってからの勉強は

想像以上に大変でありました (^_^;)

なんで始めちゃったのかな

と(じつはたまに)思います。



これを今やらなかった場合の将来を考えると

私には本当に何もない

という強い不安感、恐怖感に陥ってしまうので

やっぱり頑張ろ〜〜!と思うのでありました。

夫も私の家事の負担を減らそうと無言で頑張ってくれています。

ちなみに世の旦那さんの協力の仕方には

子育てから洗濯、掃除、料理などを妻と一緒にやる『unitedパターン』



自分のことだけ自分でやることで妻の負担を減らす『dividedパターン』

と2種類あると思うのですが

我が夫は私が妊婦さんの頃から顕著に後者であります。

4年前あたりまでは

このdividedな感じが淋しくて悲しくて耐えられませんでしたが

僕さんにまつわる問題が一気にぐわっと大きく表面化した4年前からは

もうunited/divided言ってられなくなり

この際unitedでもdividedでもサバイブできるならどっちでもいいわ

と今に至っております。

あと1年半(´-`)

いや、まずは

あと1ヶ月半(´-`)

頑張ります。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

ミーム4U/ライフハック4me。

  • 2017.10.20 Friday
  • 20:50
前かがみの姿勢で

読んだりタイプしたりばかりしているため

背中全般が痛い、、、

ということで新しく設置しました。

ダイニングテーブルに

MyNewワークステーション

を。

スクリーン(x2)を高め設置したため

背筋がピンと伸びて

これは我ながら素晴らしいアイデア

と悦に浸っておりますよ ♪(´ε` )

ちなみに左のiPadがreading & research用で

正面のが論文などの実務作業用であります。。

いやぁ、いい感じ。。

僕さんは

So cheap!!!

と大喜び。

私的には「ライフハック!」な感じなのですが

僕さんに言わせると「完全にヤバい!完全にmeme(になる)!」んだそうな。

若者からしたら痛過ぎる親の言動が

日本でも英語圏でもmemeとなって拡散されていますが

これはギリギリ「あり」じゃないでしょうかね?

(「No.」と横で言われ続けてるけど、まあいいわ。うるさいうるさい。笑)

自分の痛みが軽減されることのほうが

中年には大事なんであります。

さぁ俄然ヤル気が出てきましたよ。。

今週末も頑張るぞ〜〜 (o^^o)

追伸#1:英語圏のmeme(ミーム)情報が書かれているブログがネット上に多々ありましたが、コチラの方のが一番新しくて面白かったです。笑笑!(←油売ってないで課題やれ、、、)

追伸#2:記事のタイトルがダサいことは計算済みであります。。(←早く課題やれ、、、)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

8.12-10.15scratch10-15

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 16:00

9.7, 9.28 & 10.15k

  • 2017.10.16 Monday
  • 19:00

来夏のサマーキャンプ準備。

  • 2017.10.15 Sunday
  • 16:55

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM