英語の訛り。

  • 2015.09.26 Saturday
  • 01:05
課題の合間(の現実逃避時)に面白い記事を見つけました (^^)

気になってた件→「英語の訛りって何がどう違うの?」

コチラ↑で紹介されているのは

アメリカ南部、イギリス、オーストラリア、スコットランド、インド

で話されている英語の訛りで

一応理解しやすい順に紹介されているようですが

私には

一番最初に紹介されているアメリカ南部訛りが

スコットランド訛りと同等に強烈でありました(笑)

私がイギリスに留学していた太古の昔

ヨークシャー地方とバーミンガム・エリアという訛りがキツい土地にいたためか

こちらのサイトで紹介されていたOne Directionの彼らの英語よりも

スコットランド英語に近い強烈な訛りで話す人たちに囲まれておりました。

故に意思疎通に数ヶ月を要しましたが

訛りの強い地域のイギリス英語から離れた今

彼らが何を言っているのかもう全然わからない (;^_^A

幼少の頃から南部訛りでないアメリカ英語を学んできた私にとって

英語にはとても聞こえないイギリスの地方訛りは "絶句" であり

イギリスに来たはずなのにどこの異国に来てしまったか (゚Д゚;)

と毎日自問しておりました(笑)

その地方に滞在していたアメリカ、カナダ、オーストラリア人たちも

( ゚д゚)

と かたまっているときがあったくらい(笑笑笑)

興味がある方は

上記のサイトをぜひぜひ。。





カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと明日新たに頑張ります。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


英語オタクかも。

  • 2013.11.12 Tuesday
  • 23:17
英語オタクだなー (^^;;

と我ながら思う瞬間は

やはり

好きな英語圏の映画やアメリカのTVドラマのDVDを

何度も何度も何度も何度も観続けているときです。

その観方にも私なりのこだわりがあり

1)まずは普通に英語字幕ナシで観る

2)誰がどのタイミングでどんなセリフを言うかわかるようになるまで流す

3)聴覚のみで可能な限り理解したら、初めて英語字幕を付けて観る

4)聴覚だけでは理解できなかった単語等を視覚で確認&必要なら調べる

5)完全に理解するまで英語字幕を付けたまま流す

6)完全に理解したら、英語字幕を外し、音楽代わりに流し続ける

7)この時点に到達すると、セリフはかなり暗記してしまっている

から

8)お気に入りのセリフ等を同時に口ずさんだりして遊ぶ

という一連のプロセスがあるのですね (^_^;)v

改めて書き出してみたら

なんだか私ちょっと変人みたいですが、

まず

初めに聴覚だけに頼って観るのは

そのほうが内容に集中できるからです。

英語耳のレベルをキープするためのトレーニングにもなりますが

それ以前に

字幕があると、字幕を目で追うことに忙しくなってしまって

映画なりドラマなりを純粋に楽しめないので

いきなり字幕は付けません。

観るモノの種類にもよりますが

たとえば映画のラブコメ等に英語字幕は要りません。

しかしラブコメは

日常的に使える表現がゴロゴロしている宝の宝庫ですので

最終的には英語字幕を付け

使えそうな表現を確認&拾う作業をしてしまいます。

今ハマっている



The Big Bang Theory は

コメディとはいっても

主人公の学者達が難解な科学的専門用語等を日常会話で普通に使うため

聴き取れていても、なんのこっちゃと意味がさっぱり解りません。

というわけで

(先程のプロセスに戻りますが)

今月からプロセス3に入りまして

season 6 まである DVD を

今は英語字幕を付けて確認作業を行いながら観ている段階です。

当然 season 1 からです。

・・・・・ますます変態みたいですよね。

ちなみに私の英語学習教材を時代順に並べますと



The Third Rock From The Sun; season 1 ~ 3...
(コメディ。字幕機能が付いていない T_T )
(ちなみに死ぬほど面白い)



Charmed; season 1 ~ 8
(魔女3姉妹の戦闘話=魔術用語やおとぎ話用語が豊富=意味不明)
(同じく字幕機能が付いておらず、非常に残念 T_T )



Sex and The City; season 1 ~ 6
(使える表現の宝庫!言い回しもウィットが効いている。字幕機能あり ^o^ )



(観過ぎたせいで数枚が再生不能になってしまった=少しずつ再購入中)



rizzoli & isles; season 1 ~ 3...
(刑事モノだがコメディ要素強し。専門用語がやはり難しい)
(字幕機能あり〜 ^^ )



The Big Bang Theory; season 1 ~ 6...
(The Third Rock From The Sun 以来の大ヒット!!!)



(死ぬほど笑える私の精神安定剤。しかし科学的用語が私には難解過ぎ)

というわけで

ばあばや友達に韓流ドラマをすすめられても

私的にはアメリカのドラマで手一杯 (>_<)

といいますか

これだけの時間と労力をかけて観ているので

韓流ドラマに使う時間がないのでございます (>人<;)

しかも

たぶん

英語の映画やドラマを観ることは

ストレス解消&勉強

になるのですが、

韓国語を勉強する予定のない現段階では

ハマると言われている韓流ドラマに

私は手を染めないほうが良いのではないか

と思われます。

それでなくても(不器用なため)毎日時間が足りないので (^◇^;)

* 観る=きちんと画面を観る
* 流す=家事やら仕事などをしながら音楽のように流して聴く

海外の学校に進学した私。

  • 2013.10.11 Friday
  • 00:45
前回

『英語を勉強するためだけ』に海外の大学に進学するのは反対 ψ(`∇´)ψ

という立場をとりましたが、

じつは私

『英語を勉強するためだけ』に海外の学校に高校から進学した者です (^_^;)

英語

というより、当初は

英語とフランス語

だったのですが。

当時はまだ『交換留学でない高校留学』はマイナー、

しかもイギリスへの留学もマイナーでした。

私がイギリスにこだわったのは

まず根底にヨーロッパ文化への興味&憧れがあり

英語に加え、ヨーロッパの言語(フランス語)もマスターしたく

ヨーロッパに近いイギリスだったら、ヨーロッパ人もたくさんいるのでは (//∇//)

と単純に思ったからでした。

当時はインターネットもなかったので

情報収集といったら、要はクチコミ(?)が主流でした。

(ヨーロッパに赴任している親戚の友人の友人にイギリスの話を聞く等 ^^; )

又、外国に関する情報収集があまり得意でない両親だったので

15歳だった私が一人であちらこちら駆け回って情報を集めました。

(当時はイギリスの高校の情報は本当に少なかったです)

私が1年在籍していた(今の僕さんの)インターナショナルスクールも

当時は今よりずっとアメリカよりだったので

アメリカの情報はたくさんありましたが

それ以外の国の教育情報はまったくありませんでした。

高校時代の私の渡英は、今考えるとかなり無謀だったと思います。

当時の私は

イギリス英語がアメリカ英語とこんなにも違うことすら知らなかったし

イギリス文化がアメリカ文化とこんなにも違うことだって知りませんでした。

イギリスが、思想的にはヨーロッパに近いことも知りませんでしたし

イギリスの教育制度がアメリカや日本とは全然違うことも知りませんでした。

イギリスの田舎の公立学校にはヨーロッパ人留学生が全然いないことも、

イギリスの真ん中より北の地方には(当時は)白人しかいないことも、

思ったより在英ヨーロッパ人がいないことも、まったく知りませんでした。

ロンドンや、あるいは大学留学だったら話は違っていたとは思います。

私立高校留学だったらヨーロッパ人留学生もいたのかもしれません。

しかし私が初めて滞在した地は

イギリスでも炭鉱で有名な、どちらかといったら労働者階級の町で

学校で見かける有色人種といったら

美人なインド系イギリス人女子1人と、ブラックのイケメンくん1人、

チャイニーズ・テイクアウェイの娘と、私・・・の4人だけでした。

私以外は(有色人ですが)イギリス人ですから

『あのオリエンタル・ガール』といったら私のことでした。

そんなアウェイ中のアウェイな環境のなか

15年間慣れ親しんできたアメリカ英語とは180度違う異国な英語が

笑っちゃうほど さっっっっっぱり わからず、

勉強したかったフランス語は定員オーバーだったので

もう一つの外国語(ヨーロッパ言語)であったドイツ語を選択し、

異国な英語を勉強し(直し)ながら

異国英語でドイツ語(や、もちろん数学等)も勉強しつつ

なんとか2年を乗り切ったわけです。

しかし人種差別や ほか様々な事情でイギリスがどうしても好きになれず

イギリスの大学に進学する予定で高校から渡英したのですが

進学先をアメリカへと変更することにしたのでした。

アメリカの大学に進学するには TOEFL や SAT 等を受けねばならず、

イギリスのカレッジ(=高校)に留学していた私は

当然ながらアメリカの大学に進学する準備や勉強をしていなかったので、

そのためだけに一度わざわざ日本に帰国して

一年間かけてアメリカの大学に進学する準備や勉強をしました。

はじめからアメリカの高校に留学していれば

一年をロスすることなく効率的に大学に進学できたのに (ーー;)

貴重な一年を無駄な『浪人もどき』として費やしてしまいました。

(すべての浪人が無駄とは思いませんが、私の場合は無駄だったかな ^^;; )

(イギリスに対する無知さ加減が浪人時代を導いてしまったので)

が、その一年後

アメリカの大学に入学することができ、無事渡米いたしました。

専攻は German(ドイツ語&文学)。

基礎はイギリスで終えていたこともあり、成績も優秀でした。

(しかし一般教養で取らねばならない科学系の成績は平均ぎりぎり〜 ^^; )

2年生になり、ドイツ語も基礎から中級レベルになりましたが

それでも成績は変わらず素晴らしく、ドイツ人の教授にも

「君の発音はドイツ人みたいだ! びっくりだよ」

などと褒めてもらえておりました。

(日本人には、ドイツ語やスペイン語の発音はわりと簡単 ^^ )

私のなかで疑念が持ち上がってきたのは その頃です。

イギリスはヨーロッパ圏だし、ドイツ語を学ぶ意味もあったのですが

ヨーロッパも近くはない、ドイツ語もまったく使わないアメリカで

はたしてドイツ語を学び続ける意味があるのだろうか?

と。

スペイン語ならまだ「あり」なのです。

マサチューセッツには当時ヒスパニック系はまだあまりいませんでしたが、

アメリカ南部やカリフォルニアではスペイン語が飛び交っていたからです。

しかしドイツ語はアメリカではまったく使われてなく、

日本に帰国したとしても使えないし、で

私としては非常に大きな壁にぶつかっていました。

役に立たないドイツ語を専門にして、私はどこに向かっているのだろう?

と。

当時はイギリスに嫌気がさしていたこともあり

ヨーロッパ方面に戻る気持ちはまったくありませんでした。

当時の(同じく日本人留学生の)友達何人かにも相談しましたが、

「そーだよ。なんでアメリカでドイツ語勉強してるの?」

「ドイツ語勉強すらなら、ドイツに留学すればよかったのに」

という意見ばかりで、ますます落ち込みました。

教授やアドバイザー、はたまた役に立たない両親にまで相談しても

ピンとくる答えはまったく得られませんでした。

よって

ドイツ語を専攻した日本人がアメリカのどこで雇ってもらえるのか・・・

と自信ばかりが失われていきました。

語学学習は大好きでしたが、仕事には直結しないのね (T_T)

と、考えて考えて考えた末

就職できやすそう(???)な『社会学』に専攻を変更したわけです。

そこからが悲劇でした。

まず『社会学』が私にとって全然おもしろくなく、勉強が苦痛になりました。

勉強しても本の内容は頭に入らない (T_T) し

よって論文は書けない、テストはできない

で、トータルの GPA (成績)も下がる一方、、、

このままでは(ドイツ語専攻とは違う意味で)就職が難しくなるし

成績が悪過ぎて大学院にも進学できなくなる (~_~;)

将来が不安で不安でたまらなくなり

このときから心身のバランスを崩し、パニック障害になってしまいました。

(ほかにも原因はあったのですが、発症するきっかけにはなりました)

結局パニック障害が原因で休学を余儀なくされ今に至るわけです。

不安障害&パニック障害と共に生きながら、仕事、結婚、出産を経験し、

鬱な夫と共にユニークな僕さんを育てながら今思うことは

1)人は、幼い頃から好きだったことは基本(変わらず)好きだということ

2)どんなに無理をしても、結局は好きでないと続かないということ

3)好きなことだったら、苦しくても何故か乗り越えられてしまうこと

4)嫌い又は苦手だと見極めたら、さっと手を引く勇気が大事だということ

5)現実的な選択が、必ずしも正しくて幸せな選択ではないということ

6)見方を少し変えてみたら、非現実的な夢も現実にしていけるということ

でしょうか。

今の私だったら、当時の私に

「ドイツ語をそのまま専攻して、ドイツ語のプロになりなよ」

と迷わずアドバイスすると思います。

「アメリカで日本人がドイツ語を専攻してたって別にいーじゃん」

と思いますし、

途中1年でもドイツに交換留学すれば会話力も向上させることができます。

アメリカ在住中は英語と日本語にも磨きをかけて

英語、日本語、ドイツ語の3カ国語を完璧に習得すれば

どこかで雇ってもらえていたに違いありません。

英語と日本語ができる人はたくさんいますが、

英語と日本語にプラスαで もう1ヶ国語か2ヶ国語できる人は

少なくとも当時はそんなにはいなかったと思います。

(大陸人は数ヶ国語操る人が多いが、その中に日本語は入っていない)

(当時は日本語力はまだ強みだった)

北京語のクラスも興味があり取っていたので、

そちらも真面目に続けていたら

英語、日本語、ドイツ語、北京語が出来る!(◎_◎;)

ということで

ワールドワイドな楽しい仕事にもつけていたかもしれません。

残念だったのは

当時そのようなアドバイスをしてくれた人が皆無だったということです。

あのとき専攻を変えたことによって

人生が大きく変わってしまったんだな (@_@)

と・・・・・・・今になって思います。

そのようなわけで

英語を勉強するためだけに英語圏の大学に進学するのは微妙だけれど

そこまで語学学習が好きなのであれば

英語は基本中の基本として習得し、英語以外の外国語を習得したらいかが o(^_-)O

とは思うのです。

語学で食べていきたいなら

英語だけでは実際もう飽和状態だと思っていてください。

次に来る(いや、すでに来ている)のは中国、インド、ブラジルだから

北京語、ヒンディー語、ポルトガル語にしよう!

でなくても私は良いと思います。

自分が興味のある国の言葉を勉強するのが

(たとえ経済的にマイナーかつ微妙な国であっても)

やはり圧倒的に語学習得の近道、早道です (^^)

頑張れ、皆さん!!!

未来はまだまだ明るいッ o(≧▽≦)o

海外の大学に進学する?

  • 2013.10.07 Monday
  • 20:42
高校生のお子さんの進路について相談されることが多々あります。

英語が得意&大好きなお子さんが、

将来何をしたいのかはまだわからないけれど

とりあえず英語が話せるようになりたいから留学したいッ(≧∇≦)

と言っている、が

本人の希望通り留学させたものかどうか非常に迷っている (>_<)

というようなご相談です。

健康な心身さえあれば人生なんでもできるし、なんでもあり!

と基本的には思っている私なので

相談相手にはあまり向かないかもしれません (^^;;

が、

やみくもに夢ばかり追っていても実際ご飯は食べられませんから

私の個人的な経験に基づいて、の

現実的なお話をさせていただきます m(_ _)m

(だって、留学費を払うのはご両親ですからね ^^;; )

まず、英語が勉強したいとのこと・・・

それ自体は素晴らしいことだと思いますが、

英語は基本的にはツール、いわば手段ですので

英語を勉強したいというだけで海外の大学に進学するのは

日本で就職する予定でいるなら尚のこと

やめたほうが良いと私は思っています。

(これ↑に 語学留学や交換留学は含まれません)

日本の外に出れば、英語を話せることは特技には全然なりません。

英語はカタコトでも話せて当然のコミュニケーション・ツールですので

英語にプラスαがないと海外ではまったく通用しないのが現実です。

日本で「日本語が話せるんだ〜」と胸を張っても就職できないように

英語が話せるだけでは、海外はもとより、日本でも就職は難しいです。

20年ほど前でも難しかったのだから

今はもっと大変なのでは σ(^_^;) と思います。

語学のプロ、例えば通訳翻訳業を目指すのならば

専門の外国語以上に日本語が完璧でないといけません。

外交官を目指すなら

東大レベルの官僚系大学の最低でも修士号がないとまず厳しいでしょう。

(官僚系大学=将来の官僚候補が多く在籍しているであろう大学)

(アメリカだったらイェール大学が官僚系かな?)

海外の大学に、交換留学ではなく、私のように進学したとしても

日本人でも聞いたことのある大学(=世界的に有名な超難関大学)でない限り

日本に帰国してからの就職先は残念ながらありません。

(この場合↑の就職先は、そこそこでも名のある企業に限定)

海外で就職を希望する場合は

当然ながら英語は能力として考慮はされません。

(逆に日本語が能力として評価されますが、今は日本語より中国語〜 T_T )

そして

これはアメリカだけかもしれませんが

学士号は持っていて当然であり

修士号もしくはそれ以上がないと仕事でのステップアップは厳しい (ー ー;)

というのも事実です。

アメリカは日本以上に学歴社会プラス実力主義・・・

学歴はあって当たり前、さあ実力はあるのかな!?

と常に問われるのがアメリカ社会だと私は感じています。

(もちろん学歴がなくても、飛び抜けた能力や実力があれば成功できる)

(しかし それは世界共通であろう ーー; )

今の日本、とくに都市部では

英語がネイティブ並みに堪能な方はたくさんいます。

会話くらいはなんとなく話せる人はそれ以上にたくさんいます。

帰国子女もたくさんいるので

東京では、少し英語ができるくらいでは語学学校でも雇ってもらえません。

(じつは私も落とされた経験がある ^_^; しかも名もない語学学校に)

地方都市ではハードルはもう少し低く、英会話講師にはなれるでしょう。

しかし本当に英語ができる若い方々は『英会話講師』にはなりません。

(これ↑は 英語堪能者のなかでは定説です)

何度も言いますが

英語は、コンピューターが使えるか使えないかと同じレベルのツールなのだ

と考えてください (>人<;)

とくに若い方々は

気力も体力も時間も可能性も無限大にあるのですから

進路を考える際はとくに

まずは自分自身をきちんと知る作業をしてみたら良いと思います。

何が本当に好きなのか

何が小さい頃から変わらず好きか

何をやっているときが純粋に楽しく幸せか

何かを好きだと思い込んではいないか



一度真剣に自問してみたら良いですよ。

答えが出たら

進みたい方向がなんとなく見えてくるでしょう。

若いうちは『なんとなくの方向性』で十分だと思います。

具体的な諸々は、進んでいるうちに見つかっていくでしょうから。

(注:私くらいのミドルエイジは具体的な指針を持っていてくださいよー)

たとえば、ですが

看護師を目指していたけど、最近英語に目覚めてしまった〜 (;´Д`

どちらの道を選択しようか〜 (;´Д`A

という場合、

私であれば『英語のできる看護師』になるようアドバイスします。

看護師もたくさんいますし、英語ができる人もたくさんいます。



英語ができる看護師は、そうはたくさんいません。

まずは看護科を目指して日本の大学に入り、

途中で交換留学や語学留学などして英語力を磨き、

日赤など海外で看護師として活躍できる職場に就職する!

という道が一番堅実かつ確実かな (^^) と思います。

看護と英語の両方を続けられ、大学卒業後も国際的な活躍ができる d(^_^o)

最高ですよね。。

『国境なき医師団』にも就職できたりするかもしれません。

医療は英語よりも需要の多い分野であり

そこにツールとしての英語能力を生かすチャンスがあるのであれば

ご自身にとって素晴らしい将来が開けるのではないかと思います。

保育士になりたいけど留学の夢も捨てられな〜いッ (>_<)

という方は、

英語を、保育士という仕事のなかで使いたいか又は使わなくていいのか

によって進路の仕方が違ってくるでしょうし、

よくわからないからこそ自分探しも兼ねて留学したいのだ (`_´)ゞ

という方は、

うーーーーーむ・・・・・

留学でなくワーキングホリデーが良いのではないでしょうか (^^;;

留学(=大学進学)は、まずかなりのお金がかかりますし

学部生といえど学生生活は生半可な気持ちではつとまりません。

莫大な量を読み、論文を幾つも書き、試験にも備え・・・

と、毎日の課題をこなすのに精一杯で

自分探しどころではないと思います。

(大変過ぎて、逆に自分を見失うかも)

私の経験上

日本で出来る方は、海外に出ても出来ます。

日本では出来なかったけど、海外に出たら芽が出た

という方も、私は遭遇しませんでしたが、皆無ではないと思います。

いずれにしても

まずは自分自身をよく知ること。

そうすれば進むべき道は自ずと現れてくる!

と 私は信じております。。。

(答えになったかなー ^^; )

Describe yourself :))

  • 2013.09.12 Thursday
  • 17:50
マチュアな英語サークルで

またまた盛り上がったゲーム?は

Describe yourself (^^)

名称は私が勝手に名付けたモノです、

あしからず・・・

こちらもじつに簡単な内容!なのに盛り上がります。

自分の名前に使われている letters を使って

自分自身を形容していくだけなのですが・・・(^^;;

講師の名前でやってみましょう。

講師の名前は英語で書くと MAI ですから

m と a と i で始まる、自分を表す形容詞を探します。

例えば

M is for mighty.(強力な)
A is for ambitious.(野心のある)
I is for independent.(自立している)

と好き勝手に形容させていただきましたが、

そうしてから皆に改めて自己紹介すると

Hi, I'm Mai. I am mighty, ambitious and independent!

(強靭で野心家で自立心旺盛なマイです)

という感じになり、

ちょっと恥ずかしくて面白い感じになります。

とくに大人の皆さんは謙虚なので

真剣に恥ずかしがっておられました (^_^)

名前の letters を使って、もう一つゲームをやってみましょう。

今度は

自分がこうだったらよかったのにな〜 ヽ(´o`

という形容詞を探して遊んでみます。

講師の場合ですと

M is for moderate.(穏健で)
A is for attractive.(魅力的で)
I is for inspiring.(感激させる)

ですから、

それを文にすると

Hi, I'm Mai. I wish I were moderate, attractive and inspiring.

(穏やかで魅力的で人々に感動を与えられる人物だったらな〜のマイです)

となります。

ある生徒さんの形容詞が



私のツボにハマる面白さで

笑いが止まらず危険でした。

Hi, my name is Hirano.
I wish I were handsome, independent, romantic, amusing, new and optimistic.

(イケメンで独立心旺盛でロマンチストで面白くて新しくて楽観的・・・

・・・だったらな〜のヒラノです)

handsome(ハンサム)かぁ・・・

romantic(ロマンチック)かぁ・・・

なるほど〜。

想像すらしなかった形容詞でありました。

いいですよ d(^_^o)

素晴らしい。。

ファミリー!

  • 2013.02.04 Monday
  • 00:12

僕さんがインフルエンザになってしまい

この先5日間の予定すべてがキャンセルになってしまったので

この際 私も日頃の疲れを癒すしかない

と、もう、とことんゆっくり過ごすことに決めました。

明日はプリンでも作ってみるか。

とりあえず今夜は ひさしぶりに

130203_234341.jpg 懐かしい漫画を読もう。

この『ファミリー!』は

私が小学校6年生のときに読んだ漫画です。

「大きくなったら外国に住みたい。。」

と小さい頃から熱烈に思い続けていた あるとき

この『ファミリー!』に出会い、アメリカの日常生活を垣間見て

「ああ、もう絶対に行くっ!!!」

と、私の『憧れ』を『目標』へと変えた

なんとも思い出深い漫画なのであります。

読み返してみると

当時は全然知らなかったアメリカの詳細が

当然ですが今では「そうだよねー」と共鳴できたり、

「いやいや、そこは違うんじゃないかい?」と思ったり、

日本を出る前と出た後では

読みごたえが また違ったりして、おもしろいです。

なによりも

私の『若かりし情熱』を再び味わえて、とにかく懐かしい。

I feel nostalgic...

おすすめ英語学習アプリ。

  • 2013.01.09 Wednesday
  • 17:45

数ヶ月かけて、よーーーやくめぐり会えました。

米単語学習に最適なアプリを。

『動作動詞デモ』と『世界の動物』は無料ですが、

単語を増やす場合は各テーマに85円かかります。

それでも おすすめ!

無料の教育アプリをいろいろ試しましたが、

良いのは(たぶん)お金がかかり過ぎたり

内容は良いのだけど(米語ではなく)英語だったり・・・



私&生徒さんにピッタリのモノには出会えませんでした。



これは素晴らしかった。。。

圧倒的におすすめです。

AppStore で、まず『LEXI』と検索してください。

いろいろな語学アプリが出てきますので

130109_170117.jpg アメリカ英語を選択してください。

(イギリス英語を習いたい方は、ぜひイギリス英語をどうぞ)

すると

130109_165818.jpg 現在13のテーマを選択&学習できます。

130109_165836.jpg 『動作動詞デモ』と『世界の動物』は無料です。

一度その二つのテーマで楽しく学習してみてください。

テーマを選択すると

130109_165948.jpg このような画面が出てきます。

まずは『単語帳』で単語を覚えてみると良いでしょう。

130109_170005.jpg かなりの量の単語が勉強できます。(12×9)

クリックすると、女性&男性が米語で発音してくれます。

リスニングの練習にもなりますし、発音練習もできます。

アメリカ人ですが、アメリカも広いですので、発音の仕方が違ったりもします。

『単語帳』で勉強したら

『習う』で繰り返し練習をしても良いですし

『プレイ』でテスト形式な練習をするのも良いです。

130109_165854.jpg 違うテーマを買って単語量も増やしましょう!

小学生の生徒さんには(まだ)必要ないテーマは『人間の内臓』ですかね・・・

テストにも出てこないと思われます。

あとは買っても損はないと思います。。

『LEXI』にはスペイン語やフランス語などいろいろあって

いやあ

僕さんのために日本語のを買おうか?

と思っているくらい良かったです。

イギリス英語も購入して、アメリカ英語との違いを知るのも

とても良い勉強になると思います。

こちらのアプリは小さなお子さんでも楽しいかと思います。

単語量のある大人の方には物足りないかもしれませんが

発音やリスニングの練習のために使用するにも有効です。

お試しください。。。

Hot Dog 。

  • 2012.09.09 Sunday
  • 04:30
アルファベットを覚えただけでは本を読めない英語圏の子ども達。

単語を声に出して発音し、読む練習を始めるとき役に立つのが

CIMG8953.JPG このように

同じ単語が何度も出てきて

なおかつ

やさしく rhyme しているような本です。

CIMG8954.JPG 一語一語を

指でさしながら読ませていくと、

いつのまにか読めるようになってきます。

不思議。。

このような本はレベルごとに細かく分けられていて

とっても便利!

読む練習にぴったりです ♪( ´θ`)ノ

アメリカ好き?

  • 2012.07.29 Sunday
  • 15:05
友人ピータンに

ある共通の友人と私が

「まったく別の生き物だよねぇ」

「共通点って言ったら 『アメリカ好き』 なことくらいだよねぇ」

と しんみり指摘されてしまいました。

確かにその通りなんですが、

指摘されて初めて

「え? 私って『アメリカ好き』なの?」



驚いてしまった自分に改めて驚いてしまいました。

うーむ・・・やはり私ってアメリカ好きなのか・・・ (-_-;)

べつに肯定な指摘でも否定な指摘でもないのに

なぜ釈然としないのでしょう。

しかも ちょっぴり傷ついてたりもして、さらに驚きなのです。

何が釈然としないのか、何故に否定的な感じがするのか

自分を肯定したいがために少し掘り下げてみることにしました。

(お忙しい方々、どうぞお出かけください。。。)

まず

アメリカは好きである。

Yes 。

でも全部が好きなわけではない。

何が好きで何が嫌いかは答えるとキリがないので、質問を変えます。

移住するならアメリカだが、何故アメリカなのか。

それは単純。

アメリカ英語が好きだから。

何も知らずにイギリスに行ってしまって

地方や階級などで多様多種なイギリス英語に触れ

やっぱり私はアメリカ英語がいい!!!

と 強く強く思ってしまったから、

住むならアメリカなのです (^_^;)

じつはイギリスでトラウマ的な経験をしてしまったというのもある。

よって

イギリスに住むなんて私のなかではありえないのです。

あるいは英語が安定している方々は良いかもしれませんが

私はすぐにブレて(=発音やらがうつって)

住みついた地域の英語になってしまいます。

なのでアメリカでも

例えば南部にはあまり住みたくありません。

オーストラリアやニュージーランドも

英語的に苦手なので住みたくはありません。

そういう意味でカナダは大丈夫かもしれません。

しばらく滞在してみないとわかりませんが・・・

以上

ごちゃごちゃ考えてみた結果

私は『アメリカ英語好き』なのであって

けっして『アメリカ好き』なわけではないのだと確信いたしました (^_^)/

アメリカは好きですが、『アメリカ好き』ではないのです。

ちなみに

英語圏以外の国への移住はどうかというと

好きな国であれば全然構いません。

が、英語圏のほうが圧倒的にラクだろうなとは思います。

要は『外国好き』なのでありました。

でも『アメリカ好き』じゃないよ f(^_^;)

Mr. & Mrs. Potatoheads。

  • 2011.10.22 Saturday
  • 23:50

今までは

 2体だった Mr. Potatohead に

 新メンバーが加わりました。

うち3体は Mrs. です。

さあ、来週からは

彼らにレッスンを盛り上げてもらいましょう。

Oh, yeah 

カクタスキッズ講師

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM