20年越しの卒業式。

  • 2017.05.13 Saturday
  • 23:57
金曜日はマサチューセッツ大学の卒業式でした。

もちろん出席しませんでしたし

忙し過ぎて卒業式であったことすら忘れていたのですが

FBで卒業式の様子があがってきて

あぁ、そういえば20年越しに母校を卒業したんだ・・・

と感慨深さでいっぱいになりました。。

今年の卒業式のスピーチには

なんとエリザベス・ウォーレン上院議員(民)が呼ばれていて

おぉ〜〜!行きたい〜!スピーチを聞きたい〜〜!

と思ったのと同時に

いや、でも共和党の生徒や保護者達から反発はなかったのだろうか (・・;)

と気になりましたよ・・・

でもマサチューセッツは基本blue stateだし

母校&リベラルアーツの名門私大(計5校)が集まる街周辺は

20年前から超リベラルなので

まあ、、、

トランプ・サポーターがいたら逆にびっくりなような、、、

(しかし大学のFBのコメント欄は炎上していましたよ ^^; )

まあいいのですが

もう一つ感慨深かったのは

私が在籍していた20年前当時に

カレッジ・バスケのプレイヤーとして活躍していたマーカス・キャンビー選手が

NBAで活躍したあと母校に復学していて

今年やはり20年越しに卒業したことでした。

カレッジ・バスケやらに熱狂していた当時の私の友人から

マーカス・キャンビー選手は凄い!

と散々聞かされていたが故に私もなんとなく存在は知っていたのですが

当時在籍していた人と20年越しに共に卒業したことに

感動というか

不思議なものを感じました。

ちなみに今日初めて知ったのですが

マーカス・キャンビー選手は

勉族

という不可思議なタトゥーをいれていることでも有名なんだそうです(笑)

とりあえず(出席はできなかったけど)卒業したぞ!

と満足感で改めて嬉しくなった1日でありました。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

教育の今と昔。

  • 2017.01.12 Thursday
  • 00:25
私の大学での最後のコースは

教育に関するreflection&writingのコースだったので

教育にまつわる文献や本を山ほど読まされた(笑笑)と同時に

沢山の動画も観なければなりませんでした。

その動画のうち一つが

日本のサイトで紹介されていたのを発見したので

こちらでシェアしたいと思います。


I JUST SUED THE SCHOOL SYSTEM!!!


動画自体は日本語のサブタイトルがついていないのですが

記事が内容を説明しているので

仮に英語のリスニングが苦手でも大丈夫 (^^)

これはアメリカの教育についてではありますが

日本の教育でもまさに同じことが言えるのではないかな

と思います。

要は

電話も車も150年前とはまったくの別物に進歩したのに

学校教育だけは150年前のままではないか

というクレームです。

150年も前の時代に作られた学校教育とさほど変わらない昔型の現代教育で

未来を担う子ども達をどうやって育てていくというのか

と訴えているのです。

私のクラスメイト達(25歳以上の中高年アメリカン達)は皆

「まさにその通りだ!」

「なんてわかりやすいんだ!」

「パワフルなメッセージだ!」

と感動しまくっておりました。

笑笑笑(≧∇≦)

このコースでは

アメリカの義務教育の歴史を学んだあと

teacher-centered learningとchild-centered learningによる学びの比較や

昔ながらのlecture-basedの学びに対してのproject-basedやhands-onでの学び、

フォーマルな(いわゆる一般的な、毎日通学するタイプの)学校教育から

ホームスクール、アンスクール、オンラインスクールなどオルタナティブな教育、

アメリカの教育とはまったく異なる韓国やフィンランドの教育など

多様な教育に関して学び、議論し、リサーチ論文を書いたりしました



盛り沢山過ぎて(=大変過ぎて)正直あまり記憶に残っておりません(汗)

ただ

どう考えても

student-centered learningかつpersonalized learning

いわば個人に合わせた学びがベストだろう

と個人的に思った記憶だけは残っております (^^;;

どんなに素晴らしい学びのかたちも

生徒個人に(その学びのかたちが)合わなければ

その生徒にとっては素晴らしいどころか苦痛でしかなくなるじゃないか、、、

と(私などは)思ってしまうからです。

hands-onやlearning by doing(要は体験型学習)が

クラスメイトのなかでは(驚くほど)断トツで人気だったのですが

昔ながらの "卓上での勉強" が学びやすい

と感じる生徒も確実に存在するので

体験型学習が絶対的にベストだとは言えない

と皆が盛り上がっているなか一石を投じ

場をフリーズさせ

ひぇ〜〜〜〜〜 :(;゙゚'ω゚'):

黙っとけ〜〜私ぃ〜 :(;゙゚'ω゚'):

と自分も(オンラインなりに)かたまった記憶は

今では良き思い出、、、

(↑このコースでは3、4度 "和気あいあい" を乱してしまった。汗々)

でもクラスメイトのなかには

「なるほど。それは考えたことがなかった。気づかせてくれてありがとう!」

と異国人を救ってくれる方が毎回一人は必ずいたので

それは本当にありがたかったなぁ

と思います。

(しかも毎回違う生徒さんだった ^^; )

クラスメイトの皆が大絶賛した動画を

よろしかったら、ぜひぜひ、どうぞ。。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと明日はちょっと療養します。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

20年越しの大卒。

  • 2016.12.24 Saturday
  • 23:12
クリスマス・イブですね。

我が家は僕さんの希望で

今夜は何故か

たこ焼きパーティー

をいたしました・・・

僕さんは喜んでいましたが

私は "たこ焼き屋さん係" で

皆が美味しく食べているあいだ中もくもくと焼き続け

その間ほとんど食べることもできず

ぐったり&うんざり、、、

たこ焼きはクリスマスには向かないよー (ーー;)

まあいいのですが

今朝

卒業は確実だ

と大学から連絡がありました。

♪───O(≧∇≦)O────♪

今から約20年前

パニック障害で泣く泣く泣く泣く泣く泣く断念せざるを得なかった学士を

ようやく手に入れることができるのです。

嬉しい

では表現しきれません(笑)

学士がなかったばかりに

就きたいなぁ

と思った職業はすべてあきらめねばなりませんでした。

というよりパニック障害から(大学中退がショック過ぎて)鬱を併発し

20代は働くどころか日常生活も普通に送れなかったのですが(苦笑)

つくづく

悔しかった

の一言に尽きます。

自分に対しても、状況に対しても、運命とか何やら全部に対して

悔しくて悔しくて悔しくて

悲しくて、、、

周りの同年代は大学を卒業し

就職したり大学院に進学して自分の人生を生きているのに

私は実家でゾンビ化(又はミイラ化?)で

寝食もまともにできない状態(涙)

本当に悔しかったですよ〜

あと

当然ながら不安と焦りでいっぱいでした。

他人に裏切られたり、運に見放されたり

ということは今でも多々ありますが

頼りにしていた自分自身が一切頼れなくなってしまった

という経験はあのときだけ。

じつは私は村上春樹さんが大好き(笑)なのですが

(あ、ここ数年は遠ざかってしまっているわ・・・)

私が覚えている限りほぼほとんどの作品のなかで

主人公の『僕』が "損なわれてしまう経験" をしているのですよね。

本当にしょっちゅう、ことごとく損なわれて、喪失感のなか生きている(笑)

その損なわれ感というか喪失感が

当時の私とがっちり一致して

私もことごとく損なわれ続けておりました(大爆笑)

おぉ〜〜!

久しぶりに読み返してみたら

当時の喪失感を思い出すかもしれないですね。

ちょっと面白そう。。

いずれにしても

将来は "マルチリンガル" になって

なんだかよくわからないけど "国際的な仕事" について

何にも縛られず海外でバリバリ働くんだー!

と希望に満ち溢れて単身渡英させてもらった先で(運悪く)ぼろぼろにされ

気持ち新たにやっていこう!と移動したアメリカでは自分が(ついに)壊れ

戻ってくる予定のまったくなかった日本に帰国せざるを得ず

しかもトラウマでしかない地元に戻って

今もまだ住み続けている皮肉不思議・・・

悔しいことだらけでしたが

20年間思い続けてきた母校卒業が

テクノロジーの進歩のおかげで可能になり

感無量です。

やり切った!という達成感はもちろん

復学してからはAをとり続けるよう最大限努力し続けた自分に、

キツ過ぎて(ときどき本当に)泣きながら(笑)課題をこなし切った自分に対して

初めて満足感を感じています。

満足感というか

自分のなかに生まれて初めて自信が生まれたような

そんな気持ちでしみじみとクリスマスを過ごしております。

応援し続けてくれた友人や家族には

感謝でいっぱいですよ。。

本当に

本当に

ありがとうございました。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと、次のjourneyにワクワクします。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

卒業?

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 16:55
終わりました。

最終論文を

たった今提出しました。

よくわからないけど

これで卒業?

ほんとに??

とりあえず今学期は終わりました。

最後のコースもこれで終了しました。

あとは大学からの修了の手続きを待つだけ・・・かな?

とりあえず瀕死過ぎて

まだ嬉しさがkick inしてませんが

やった!

論文から解放された!

YAY!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

バナーを押していただいているとき、嬉しさで号泣していると思います。
応援ありがとうございます m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

あと3ページなのに (._.)

  • 2016.12.19 Monday
  • 11:20
最終論文が書き終われません、、、

あと3ページなのに。

first draftは書いてあるので

完成形にとただ推敲しているだけなのですが

疲れ切っているのか集中がまったくできなくて

思考のスピードも物凄く落ちているなと感じています。

論文のたびに思うのですが

論文はフルマラソンみたいですよね、、、

ってフルマラソンなんて挑戦したこともないのに(苦笑)

気力も体力も能力も脳力も

すべて数日前に出し切った感があり

今は微かな残りを絞り出して思考しているという・・・

思考といっても

下書きから洗練された完成形に整えているだけですが

下書きがあまりにもラフ過ぎるのか

稚拙な文章が好き勝手に泳ぎまわっていて

推敲にも思考力(&実証)を要しております、、、

やはり若くはなく

睡眠は絶対に必要で

結構な睡眠時間はとっているのですが

寝ても寝ても疲れがまったくとれないのは

論文のストレスが常に在るからでありましょう、、、

とりあえずあと3ページ。

もう死にそうで

早く早く解放されたい!

・・・明日までには終わらせたいと思います。

今日の論文作業は

さすがに来週(=今日)までには論文は終わっているだろう (^^)

と たかをくくっていた先週に仕事を(今日に)入れてしまったため

(人様には見せられない醜い姿でないと集中して勉強できない私ですから)

仕事が終わるまではしばしおあずけ。

(論文から離れられる時間が心底嬉しいよ〜〜涙)

仕事が良い気晴らしとなって

今夜は論文もはかどりそうな気がしています。

(いや、はかどらなくても気力で終わらせたいが、、、)

ではでは・・・






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと束の間の休息を堪能します。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

パーティーまで48時間。

  • 2016.12.15 Thursday
  • 11:28
私の大学の秋学期が今日(アメリカの14日)で終了しました。

そして最終論文(達)も

米東部の日付が15日に変わる11:59で

提出が締め切られます。

あと30分の命(笑)

しかしながら私は

期限を土曜あたりまで延長してもらったので

とりあえずのところ安心?です。

最終論文のうち最後の論文は期限に絶対に間に合いません

理由/言い訳は残念なことに何一つありません

ただただ時間が足りないのです

頑張っています

数日の延長を許可してください



すべての論文が期限までに書き終えられないことを察した2日前

教授にお願いしたからです。

慈悲深い教授は私のお願いを(またしても)きいてくださり

故に精神的に崖っぷちにいる私が

まだギリギリ命綱を握らせてもらっているというからくり。

からくり??

ちなみに最終論文のうち先に提出した一つは

今朝すでに100%がつけられておりました。

教授の仕事の速さにもびっくりしましたが

満点をいただけたことに感謝感激で胸いっぱいです。

これで私のこのコースの総合成績も

現時点で94.4%

とギリギリ残念なA-・・・

最後の論文で満点をとることができたら

(総合成績が95%以上になり)

一応目標にしていたAが "獲得" できます。

今学期は秋の渡米の日程と共同研究論文の諸々で時間がなくなり

自分のストレス具合も考慮して

すべての力を最終論文(達)に注げるよう

ディスカッション(=毎週の課題)を一つ捨てたのでした。

故に今

AとA-の境界線をさまよう事態になっているという(苦笑)

エキストラポイントが稼げるもう一つの論文も

はじめは挑戦するつもりだったのですが

時間がなくなってしまったのであきらめました。

大事なファイナルの期間中に

自らのこのこと精神的ダメージを受けに出かけてしまい

貴重な2~3日をロスしてしまったからです。


【自分への教訓】
精神的ダメージを受けやすい私は、将来が左右される大事な時期には、余分に動くべからず。


大学を卒業して(すぐには)大学院に進学はしませんが

もし将来

やはりマスター(修士号)がどうしても必要!

と思ったときのために

大学在学中の今

可能な限り良いGPA(成績評価値)で学士号をとらなければ

と頑張っております (^^;;

日本ではそうでもないかもしれませんが

アメリカでは "学校" で勉強を続ける限り

GPAはいつまでもついてくるので大変(面倒)です(苦笑)

GPAは長年の積み重ねの結果ですから

一発や二発でくつがえすことができず

なかなか厳しい世界だなー

と痛感してやみません。

仕組みがよくわかっていなかった大学1、2年のときに

サイエンス系コースで不覚にもとってしまったCやDに

いつまでもいつまでも足を引っ張られている私でございますよ f^_^;)

AやA-を(復学した)今とり続けなければ

大学院を受験できるまでにGPAを回復させることができず

故に瀕死な状態で勉学に励まざるをえなかったという

悲惨なミドルエイジ主婦兼お母さん大学生でありました。。

それもあと一つでおしまい。

あと48時間だけ死ぬ思いで頑張ります。

48時間後は

おあずけ誕生日と、なんとなくクリスマスと、本気の卒業祝いで

パーティーだ〜〜(≧∇≦)






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと、この48時間に全力を注ぎます。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

共同研究のプレゼンの評価。

  • 2016.12.08 Thursday
  • 02:00
あと1週間で今学期が終わります。

あと1週間で小論3つ、、、

まだoutlineの段階でびっくりなんですが。

家のなかはぐちゃぐちゃ、、

ご飯も基本は

カレー、シチュー、鍋、カレー、シチュー、鍋。

たまにタンパク質を焼いたりしてバランスをとっていますが

なんのバランスだっけな、これって・・・

と思ったり。

ご飯も家族のためだけに作っているので

自分が空腹を感じたときは手軽な白米で済ませております。

白米は白米でも

純粋に白米だけ!なので

いかんせん飽きてきましたよ。

故にトーストに移行。

しかしトーストも結構飽きることが判明し

あぁ、、、

シリアルを買っておけばよかった (T_T)

と後悔しております。

昨夜はついに冷凍餃子に手を出しました。

今夜は1年以上ぶりかもしれないマックで僕さんを喜ばせております。

マック嫌いな私は

悩んで悩んで

悩んだわりには・・・

のスタバ (ーー;)

何をやっているんだか。

美味しかったからいいけど。

今日は例の共同研究のプレゼンの人気投票結果TOP3が発表されました。

まったく期待していなかったので

ドキドキもハラハラもしませんでしたが

クラスメイトの皆さんは投票結果を心待ちにしていたようです。

我々のプレゼンは予想通りランクインしませんでした



意外にも2票入っていて

かなり驚いてしまいました。


Comparison of the Mathematics Education in Japan and the United States

The topic was very interesting and the power point presented a well supported comparison of the two countries' math educational systems. It included the pros and cons of both approaches without prejudice. The power point itself was well written and well organized making it easy to understand and follow.

I am glad I waited until today to submit my answers. They packed a lot of information in their presentation from two different continents. It was very interesting to see how they broke down this info after what we studied about the PISA scores. It appeared from our earlier lessons that the U.S. performed really poor compared to other countries, but they delved deeper into the PISA testing and were able to extract some “positive” measures for the U.S. and also “behind the scenes” of how Japanese students respond to the pressures of the rigorous lessons.


↑という嬉しいフィードバックまでいただけて

かなり感動してしまいました ((T_T))

だって、博士号をとるかのごとくリサーチして書いたのですから・・・(爆)

(博士号は言い過ぎですね。修士号をとるかのごとく。笑)

日米数学教育の比較というトピックの論文内容の

比較の方法と着眼点(&結論)の公平さを評価してもらえたことが

私としては何よりも嬉しかったです。

PISA2012の結果のみで比較した場合

どうしても日本の数学教育が(格段に)優れていることになってしまうので

教育の質とはPISAの結果だけじゃはかり知れないのだ

という私のやや個人的な言い分を

一体どのように証明していこうか(苦笑)



それが予想以上に大変な作業で

もっと単純明快なリサーチ・トピックにすればよかった、、、

と何度後悔したかしれません (^^;

でも、まあ、予想以上に評価してもらえて

本当に嬉しかったです。

日米数学少年のママさん方に感謝ですね。。

(有意義な情報、見解を、どうもありがとうございました。。。)

(あ。パートナーくんのプレゼン・スキルにも感謝だった。笑笑)






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと明日より本格的に集中します。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

BDギフトは解放感1/2。

  • 2016.12.05 Monday
  • 06:37
今日は

Happy Birthday to me!!!

であります。

いまだに誕生日が嬉しい私ですが

去年も今年も課題でぼろぼろ、、、

バースデーギフトは顔アトピーでしょうか。

しかし今日は最高に嬉しい・・・

私の大嫌いな毎週の課題を先程ついに終わらせたのです。

ひゃっほーーーっ(≧∇≦)

残すは小論文3つ。

頑張れ頑張れ頑張れ私!

もうすぐ3年間の生き地獄から解放されます。

(たかだか卒業までの "残り" 4コースに2年もかかったなんて。涙)

(途中1年は僕さんの退学、ホームスクール、受験で休学したのですが)

さあ。

今日から最終段階の小論文に集中します。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますとsurveyも忘れません。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

プチプチプチる。

  • 2016.12.04 Sunday
  • 02:10
疲れた、、、

あいかわらず課題で

脳が雑巾絞りされているようです (ーー;)

終わる日が

やって来る気が全然しないのですが。

今学期末の私のストレス発散は

プチプチ踏み・・・

論文の案が浮かばないときなど

プチプチを

ひたすら踏み潰しまわっております。

指でちまちま潰すより断然快感で

びっくり。

ぜひぜひお試しください。

我が家は

僕さんと私のふたりで

マヤさんに凝視されながら

ひたすらプチプチ。

興味はあるけど

ストレス・レベルが低いマヤさんは

懐疑的らしい。

あ、、、

くつろいでるな (ーー;)

やはりストレス・レベルが低いのでしょう。

うらやましい限りです。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと、プチプチがある限りプチります。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

自分で創りあげる学び。

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 18:00
私の大学での学びも最終段階にきております。

面倒な課題もまだまだありますが

最後の小論文のうち一つは

Lifelong Learning Plan(生涯学習のプランニング)

という自分の(ロングタームな)学習計画、将来設計を論文にするもので

今学期を終えた時点で自分の学習計画を見直す予定だった私にとっては

じつにタイミング良いものでした。

卒業と同時に

その見直したプランに沿って即動ける

ということですものね (^^)

(僕さんの学習計画と合わせながらのプランニングには結構時間がかかる)

大学卒業間近で一つ確実になってきた現実は

やはり私の米大学院費用はオンラインであっても出ないだろう

ということ。

修士号をとるまで(1.5-3yrs)に

安くても200万円はかかってしまいそうですから・・・

アメリカの学費は高い (T_T) の一言に尽きますね、、、

オンラインでも200万円で修士の勉強ができたら安いほうだと思いますが。

(しかし数少ない日本のオンラインの大学院も決して安くはなかった、、、)

(一番お手頃価格なネット大学院も、年間約70万でしたし)

とりあえず自分にはあまり投資ができないし

たとえ投資できたとしても

僕さんの諸々に支障を出してしまうような学び方、働き方をしたくない私は

何か良い手はないかと

そればかり考えて(ここ数ヶ月は)毎日暮らして勉強しております。

そんななか(今学期)

formal learning、informal/incidental learning、non-formal learning

と学んできた大学の授業で

(今はnon-formal learningのセクションを勉強している最中)

課題の一つに含まれていた下記の動画が

非常に参考になり

なおかつ非常に勇気づけられたので

通信内でシェアしてしまいたいと思います。

日本語のサブタイトルはありません、、

探したらあるかもしれませんが

探す時間がありません、、、

ごめんなさい、、


Forget university? 4 steps to design your own education | Till H. Gross | TEDxKlagenfurt


オーストリアのTEDなため

スピーカーはドイツ語訛りが少しあり

英語ネイティヴでない私には聞きづらい部分もありましたけれど(苦笑)

要は(大学での学びに期待し、失望した彼の場合は、と前置きがありましたが)

大学を否定するわけではないし

例えば "学士" などの紙切れが実際働くときには欠かせなかったりもするが

専門的な学びの場、メンターとの出会い、意欲的な仲間との出会い等々

大学ならではの素晴らしい機会を(彼は)期待していたのに

残念ながらまったく得られる気がしない又は得られなかった場合

さて、どうするか

という彼の個人的な成功術(?)というか

彼が考えて考えて、試し、沢山失敗したなかでの成功例を

4つのステップ

としてまとめて紹介してくれています。

その4ステップが↓こちら。

1)スキルを磨こう(方法は各自の得たいスキルで違うし、研究してね)
2)その分野のベストから学ぼう
3)惜しみなくタダ働きしよう
4)断られてもダメ出しされてもしつこく挑戦し続けよう

日本語で書き出したらチープな感じになってしまったな (^^;;

確かにどれもお金はかからないけど(故に私にはぴったり!笑)

とりあえず彼の成功術を私のケースにあてはめながら解釈してみますと

知識を深め、スキルを磨くには、惜しみない努力が必要なわけですが

大学(院)でない場でも知識を深めることはできるのですよね。

例えばCTYでもギフテッドやギフテッド教育のWebinarをofferしているし

有料はもちろん、無料のWebinarも本当にあちらこちらで提供されているので

それらを有効に利用するとか

本や文献を読み漁るとか、YouTubeを有効活用するとか

渡米した際には地域の講演に参加(し、人脈まで作ってしまったり)するとか

考えればいろいろできるわけなのです。

それが彼の主張するステップ1でありましょう。

大学(院)でなくとも知識やスキルは貪欲に磨けるということです。

ステップ2の『ベストから学ぼう』は

本やYouTube、講演だけでなく

その分野でベストな専門家の門を叩こう

ということです。

何故ならベストは普通のやり方はしていないからだそうです。

人数倍の努力はもちろん

ベストな努力の仕方を熟知しているからベストになっているそうで

それを学びとるには

断られても断られても、しつこく門を叩く、と(笑)

うーむ・・・

内向的な私にはハードルが高い気がしてなりませんが

まあ、、、

彼の主張はよくわかります。

ステップ3の『タダ働き』は

ベストのもとで、ベストの雑用なりなんでも、積極的にタダ働きしよう

と(笑)

ベストな方法を間近で学ばせてもらっているのだし

常に身近にいることで知らずに経験させてもらっていることも沢山あるはず

ということだそうです。

それを積み重ねることで

実際チャンスの場も与えられるようになったそうですし

人脈も広がり、彼の前向きな努力&能力にも "値段" がつくようになったそうです。

どんなに小さな経験も自分の力に変換していく気力&能力が必要そうですね。

経験はお金では買えない

という彼の主張には同意しますし

例えば僕さんには彼のように貪欲に学んでいってほしいと思います



私にはここまでインテンスにはできないかも(笑)

でも似たような感じで経験を積めるよう考えるのは

楽しいかもなぁ

とワクワクしています。

最後の『山あり谷ありでも進め』的なステップ4は

は〜い

すでに何十年も実行中なので大丈夫だと思います (^^;;

私の下手な解釈よりも

英語のわかる方はぜひぜひ動画を観てみてください。

自己投資するお金が限られていながらも専門知識をつけたい私などにとっては

なんとも励まされる、ヒントになる動画でありました。

大学院には現時点では進めそうにありませんが

大学を卒業したら

限られた資金を有効活用し

自分で『学び』を創りあげていこうと思っています。

ただ

彼も言っていましたが

職種によっては "紙切れ" も(残念ながら)必要ですので

大学(院)に行かなくてもオッケー!

無計画に突き進むのは(大人も渦中の私には)微妙かもしれません。

私も "紙切れ" がなかったがために諦めた経験を何度もしてきたし

いまだに蔑まれることだって当然ありますから (-_-)

そんな紙切れを

もうすぐ手に入れることを夢見て

毎度のことながら

がんばるぞ〜〜(≧∇≦)

(と言いつつ、通信で現実逃避している現状、、、)

(助けてー)


【追加情報】
TEDの彼は、ベストな心理士になる希望に溢れて大学に入ったのですが、大学は自分が思い描くベストな心理士になる術を学ぶ場ではないと痛感したそうです。故に大学で学士(=紙切れ)を得るために勉強しながら、ベストな心理士になるために、貪欲に、大学のそとで『学び』を得にいったのでした。自分の『学び』は、学校や大学などのスクールで、ただ受動的に知識を受け入れるのではなく、自分から積極的にデザインし、マネージしていくものだ、というのが彼のメッセージかなと思います。それがschoolingとeducationの違いではないか、というのが、蛇足ながら私の大学の授業のポイントでありましょう。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと貪欲に成績を稼ぎにいきます。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Big Bang Theory: The Complete Ninth Season [DVD] [Import]
Big Bang Theory: The Complete Ninth Season [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン9は2016年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM