来夏のサマーキャンプ準備。

  • 2017.10.15 Sunday
  • 16:55

カレッジ・フェア。

  • 2017.09.18 Monday
  • 14:35

プレッシャーが、、

  • 2017.09.03 Sunday
  • 21:05

孫正義育英財団。

  • 2017.07.15 Saturday
  • 02:35

あとは撮影のみ。

  • 2017.05.25 Thursday
  • 13:00

最終選考とか。

  • 2017.05.20 Saturday
  • 13:15

@USC。

  • 2017.03.04 Saturday
  • 06:45
なんちゃってキャンパス・ツアー第2弾です。

とはいっても本当に単純な "お散歩" をしただけなので

とくにお伝えすることもないのですが(苦笑)

ただ感じたのは

ロサンゼルスの街中(結構など真ん中)にあるにも関わらず

南カリフォルニア大学の

キャンパス内は

明るくとも伝統ある雰囲気で

学生達で賑わっていても

喧騒感はなく

かなり意外でした。

じつはもっとチャラチャラした空気を勝手に想像していたので

良い意味で裏切られました。

訪れたその日のその時間帯が偶然そうだったのかもしれませんが

ロサンゼルス郊外のウェストウッドにあるUCLAのほうが

ロサンゼルス中心(しかもSouth LA)にあるUSCよりも

なんとなく "かたい" イメージかなぁ

と想像していたのに

USCのほうが(キャンパスも学生達も)落ち着いた雰囲気で

私は(&北米父も僕さんも)好ましい印象を受けました。

UCLAのマスコットであるベアの像には

人だかりが凄くて写真を撮れませんでしたが

USCのマスコット

トロージャンは

撮影できました。

だから何?という感じですね(笑笑)

とりあえずUSCは穏やかな雰囲気で心地良かったです。

(僕さんが学びたい分野の諸々は今は置いといて ^^; )






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと初夏の陽気を丁寧に楽しみます。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

@UCLA。

  • 2017.03.02 Thursday
  • 16:25
ロサンゼルスでは

なんちゃってキャンパス・ツアー

を決行してきました。

何故『なんちゃって』かというと

大学がオファーしているオフィシャルなツアーではなく

ただ個人的にキャンパスを訪れて

ぷらぷらしているだけの "ツアー" だからです(笑)

僕さんは大学に関しても

南カリフォルニア以外の大学には行きたくない

と選択の幅を(自分自身で)かなり狭めているので

受かる大学が実際あるのか、、微妙、、

本人が本気で頑張らないと

かなり厳しいですよ (-_-;)

もちろん南カリフォルニア以外の大学にも目を向けるよう試行錯誤していますが

本人が "こだわり" を ゆるめない限りは

あるいは(何かしらで)突如その "こだわり" に冷めてしまわない限りは

動かすのは

なかなか

難しいですね・・・

まあ僕さんの "こだわり" は今は別にいいとして

UCLA!

綺麗でした。

写真には(キャンパス・センターの喧騒は)撮りませんでしたが

キャンパス内には

学生だけでなく

中高生の団体や

旅行者も沢山で

ものすごく賑やかでありました。

うちのように個人的にキャンパスを訪れていた家族も結構いましたよ。

(高校生くらいの男子とお父さん、という組み合わせも)

今回は

僕さんがキャンパスに入ってすぐ喧騒にやられてしまったのと

北米父が(当然ながら)退屈そうだったので(申し訳なくて申し訳なくて)

満足にキャンパスをまわることなく早々に切り上げました。

今後の教訓として

キャンパス・ツアーは

夏休みなど休暇中でなく普段の大学の雰囲気がよくわかる学期中に行いたい

ということと

次回からは僕さん本人と私だけで行く

ということ・・・

通常だったら子どもの両親が2人揃って行くべきと強く思うのですが

我が家の場合は海外からわざわざ来ているため難しいかも、、、

それでも次回(高校生になってから)キャンパス・ツアーに参加するときは

誰にも気を遣わずにまわりたいため

僕さんと2人で参加しようと強く強く思いました。

大学のオフィシャルなツアーに申し込めば

授業に参加したり、寮に一泊する経験もできるそうなので

僕さんがUCLAを受けたいのであれば

2、3年後にまた(2人で!)訪れたいと思います。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますと、明日は外出できるかな?
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

早期高校卒業というオプション。

  • 2017.02.28 Tuesday
  • 07:00
アメリカの大学は尋常でなく高額、、、

ということで

なんとか奨学金をいただけないか

と今からあちらこちらリサーチしています。

週末とある一つに応募してみました。

期待は禁物ですが(苦笑)

我が家の場合

奨学金なしではアメリカの大学には進学させてあげられないため

必死です (^^;;

いろいろ調べていくうちに

今のアカデミーのハイスクールを1〜2年早めに卒業して

北米両親が住む地域のコミュニティ・カレッジ(2年制)に進学し

2年後の18〜19歳で(超高額な)UC等に編入する道もありかも・・・

と本気で考え始めました。

僕さんの情熱が

量子力学からコンピューター・サイエンス(CS)へと移行しても

結局のところCSも(量子力学同様)大学でしか学べないし

だったらハイスクールでイヤイヤたらたら勉強しているよりは

なんとか早めに高校を卒業してしまって

現地の地元のコミカレに実際に通学するのがベターなのではないかと。

アカデミックな面やファイナンシャルな面でももちろん

ソーシャル面、エモーショナル面でも

僕さんにとってその方が長い目でみてベターだ



本気で

思い始めて

います。

というのは

今回ロサンゼルスで『なんちゃってキャンパス・ツアー』を決行したとき

キャンパス内の混雑ぶり、混沌ぶり、賑やか&華やかな雰囲気に

僕さんは完全に打ちのめされてしまい

キャンパスをまともに歩きまわることすらできなかったからです。

それでも学生さんに話しかけられたときは

意外にもきちんとまともに(怖気づくこともなく)返していて

そこだけは安心しましたが d(^_^;)

もともとの性格が外向的でも社交的でもないし

なおかつ賑やかな場所や人混みには異常に繊細なため

僕さんにとってアメリカの総合大学はアミューズメント・パークと同等に厳しい

という新たな現実に

今回の『なんちゃって』で

直面した次第、、、

今まで参加したサマーキャンプも大学で行なわれたのに

何故いきなり今回はダメだったの?

と不思議に思われるかもしれませんが

サマーキャンプの時期は大学は夏休みで基本静かなんですよね (^^;;

学期中の雰囲気は

大学が休暇の期間には味わえないことを忘れていました、、、

今回の

UCLAも

私からしたらまあ普通に

ザ・アメリカン・キャンパス!

という感じで

私自身がUMassで経験した混雑ぶり&騒々しさと大差ありませんでした。

もちろん私もキャンパスの喧騒が当時から得意ではありませんでしたが

それでも自分なりに静かで落ち着ける穴場をキャンパス内に幾つか確保し

用がない限りはキャンパス・センターには近づかないよう

適当にやりくりしたというか(笑)

僕さんの場合

オンライン・スクールという学校環境が性格的にも心地良過ぎるあまり

この心地良さから突如あの騒々しさに放り込むのは

なんだかかなり無謀なのではないかと・・・

(耐えられなくて、ドロップ・アウトしてしまうかもしれないほどに、無謀)

アメリカ人の子にとっても高校から大学へのトランジションは大変ですが

内向的で、繊細で、社交慣れしていない僕さんのようなスクーラーには

寮生活がマストの(大きな)大学に進む前に

規模も小さく(寮もない)コミカレから段階を踏んで進んでいったほうが

長い目でみてもベターであろう・・・

というわけで地元のコミカレを昨夜から早速リサーチしています(笑笑)

ちらっと見た限りですが

ここら辺のコミカレには

University Pathway Program

というUCやCSUほか私大や州外の大学に編入するためのプログラムがあり

僕さんの現在の情熱であるCSプログラムも(大学基礎レベルで)充実していて

学費も今のギフテッド・アカデミーと同額もしくは安く

北米両親宅からも通えて

しかも同じCSに興味ある仲間とも実際にオン・キャンパスで出会え

案としてはなかなか素晴らしい気がしています。

本当に進みたい大学に編入する時期も18歳

となれば僕さんも同年代に遅れをとっている気もしないでしょう。

(逆に皆より2年早く大学を卒業することになります ^^; )

まだ浅くしか調べていないですが

どうやらカリフォルニアでは16歳になるまでは高校を卒業してはいけないようで

GEDもカリフォルニア州民は18歳以上でないと受験資格はないみたい・・・

コミカレも、未成年は17歳からしか受け入れない、という学校もあって

いろいろ調べることがありそうです。

高校(僕さんの場合はオンラインのハイスクール)に通いながら

同時にコミカレや大学でコースをとる

というdual-enrollmentが選択できれば本当はベストなのですが

それはアメリカに住んでいない限り無理であり

アメリカに住むには現地の学校に所属して学生ビザを発行してもらわねばならず

僕さんのアカデミーは(オンラインという性質上)学生ビザを発行しないため

dual-enrollmentは不可能という・・・

故にアカデミーのハイスクールを16歳で卒業し

コミカレに早期進学するのが一番理にかなっているだろう

と思いました。

アカデミーには大満足しているのですが

僕さんのCSに対する情熱は学校の勉強ではまったく満たされず

(学校にはAP Computer Science以外にCSのコースがないので。涙)

学校教育で我が子の情熱が消されていくのを見ているのはもう辛いです。



オンライン環境のなかにコンスタントにいると

外の世界が遠ざかってしまうし、出るのも億劫になってしまうため

コミカレを高校と大学のあいだに挟み込む選択は

我々家族にとってはベストなんではないかと感じています。

僕さんのことを赤ちゃんの頃から可愛がってくれている北米両親が

未成年である僕さんのアメリカでの保証人になってくれるのも安心です。

ホームステイには当たり外れが実際かなりあり

ホストファミリーとの関係で留学に失敗することもありますしね、、、

(私もイギリス1年目はホストファミリー宅から夜逃げしたりと悲惨でした ^^; )

いずれにしても

僕さん自身にとって前向きなオプションとして

これからいろいろ調べていきたく思います (^^)






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

お帰りの際にバナーを押していただけますとSoCalの雨を前向きに味わいます。
よろしくお願いいたします m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

意外な落とし穴。

  • 2016.12.15 Thursday
  • 14:10

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM