14歳&8年目突入。

  • 2017.07.30 Sunday
  • 08:40
28日は僕さんの誕生日でした。

おかげさまで14歳になりました。

日本では中2で

まだまだ

な感じがしますが

アメリカでは(1ヶ月後の)来年度から9年生(日本では中3)になり

ついに高校1年生!

びっくりであります。

(ちなみに高校は4年間です)

せっかくの誕生日だった日は

僕さんの用事で東京に行かねばならず

お祝いらしいことが何ひとつできなくて

母は寂しく感じました。

(僕さん本人はなんっっっとも感じてない。笑笑)

そして今月は

とりあえず(私が)大きな課題を提出せねばならないため

今から世のすべてをシャットアウトしてこもります。

僕さんの誕生日のお祝いも

来月に延期・・・

って

来月って

もう明後日、、

((((;゚Д゚)))))))

(;´Д`A

さようなら皆さん・・・

そして僕さん

Happy 14th Birthday!!!

(↑苦労してなんとか撮った貴重な1枚。笑)

(そういえばカクタス通信も8年目に突入しました。忘れてた)

(よくよく考えみたら、小学1年生の頃から日記を書いていたんでした)

(6歳からだと・・・38年!?ちょっと恐ろしいですね!自分が怖いわ、、、)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

器が小さ過ぎるのだ。

  • 2017.07.27 Thursday
  • 08:05

8年生ほぼ修了。

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 13:45
私が大学院の夏学期インテンス合宿に行っているあいだ

北米母が私の代理を務めてくれ

素晴らしい働きをしてくれたため

僕さんも国語の(2ヶ月分ほど!!!の)遅れを2週間で取り戻し

2016-2017年度の主要教科は先週無事に終了することができました。

8年生後期もオールA以上(A+があるため)で

GPA的にも安心というか

とりあえずミドルスクールはソツなく終えることができた感じです。

今は

まだ一つだけやり残している

アカデミー・プロジェクト

という(本人がトピックを選んで探究する)エンリッチメント・コースと

今夏(サマーキャンプに行かなかった代わりに)サマースクールで先取りしている

Honors Algebra 2(代数2)(通常11年生がとるコース)

を ゆっくり勉強しています。

ゆっくり

とはいっても

6月初旬から始まっていたサマースクールを

僕さんは先週から猛ダッシュで始めざるを得ず

全然 "ゆっくり" 勉強できてないという (^^;

というのは

苦手意識があるモノに対してはヤル気も思考も停止する僕さんが

8年生後期の国語を(私がバタバタしている間)2ヶ月分放置していたため

まずは(代数の前に)8年生をどうしても終わらせねば!

と在米中は朝から晩まで国語三昧にせざるを得なかったのですね (ーー;)

私が大学院に行っている2週間はとくに

北米母主導のもと

僕さんは朝から晩まで読みたくもないフィクションを読んだり映像で鑑賞したり

そしてそれらに関してのエッセイやら分析レポート、自作ストーリーを書き

未だかつてない国語漬けな2週間を送って

なんとか無事に8年生(国語)を終わらせることができたのでした。

その間サマースクールの代数には一切手をつけられずにいたため

先週帰国してきてからは毎日激しく数学しているというわけであります。

しかし理系教科は基本好きで努力も苦にならない僕さんは

この数日間で1ヶ月分の遅れをすでに取り戻していて

結構楽勝そうに毎日を過ごしていますよ。

よかったよかった ヽ(´o`;

しかしハイスクール1年目の来年度は

主要4教科に加えて

APコンピューターサイエンスとラテン語をとるため

課題量も今まで以上に増えることが予想され

やっぱり国語はHonorsにするのはやめておこうかな・・・

と気弱になっている母でございます (T_T)

1年目で様子を見て

できそうなら2年目の10年生からHonorsにすればいいのかな。

大学を受験する際もinternational studentの枠に入るため

仮にEnglishをHonorsで勉強していなくても

TOEFLやSATで高いスコアを出せていれば大丈夫なんではないか

と。

甘いかな?

でも第3ヶ国語目のラテン語もとるわけだし

考慮してほしいなあ(苦笑)

すべてに完璧は僕さんにはムリですわ・・・

と改めて思う母なのでした。



【以下はCTYに関して】

忙しくて書くのを忘れていました。

CTYのSETを目指して数学を頑張ってきて

この前の3月にSAT受験を予定していたのですが

直前で受けてみたpractice testで

まったく勉強してこなかったverbalのほうで600を取り

一生懸命やってきた数学は惨敗だった(苦笑)ため

春の時点でSETはきっぱりあきらめることにしました。

(惨敗とはいっても学年レベルより普通に上。僕さんの名誉のために一応 ^^; )

そのとき

もっと早くpractice testを受けとけばよかった〜〜

と物凄く後悔しました。

潜在的な言語力は高いのだということに私が気づけていたら

数学ではなく国語(Englishですね ^^; )でSETに仲間入りできた気がして。

文系教科が苦手な僕さんですが

じつはWISC-IVでは言語能力が断トツで高く

勉強していない状態で受けたSCATやSAT(の練習テスト)などのテストでも

いつも国語力のほうが数学力より圧倒的に高いのですね。

ただ

学校での国語を毛嫌いし、もがき苦しんで勉強する本人の様子や

理数は飛び級できてしまうのに国社は精神的に飛び級できないことから

潜在的な言語力がじつは高いのだ

という事実をすぐに忘れてしまうという (^^;;

SETに関しては(私のミスで)完全に失敗した

と思いましたが

とりあえず本人の苦手意識と才能の有無は関係ないのだな

ということがSETの一件でよくわかりました(苦笑)

苦手意識をいかにして克服させるか、いかにして楽しさを体感させるか

を指導する側、アドボケートする側は忘れてはいけないですよね σ(^_^;)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

サマースクールには間に合った。

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 16:50
週末は僕さんのHonors Geometryの期末試験でした。

僕さんの学校はオンラインですが

カリフォルニア州やWASC等々に認可されている学校なので

高校教科の期末試験には必ずproctor(試験官)を雇わねばなりません。

血の繋がりがなくて、役職のある(=社会的信用のある)人物であれば

基本 誰に頼んでも良いみたいですが

頼む人物がいなければ

proctorを派遣している会社?機関?に頼めば良いのだそうです。

(どの州にもプロの試験官を派遣している機関があるのだそう)

我々は毎回北米父に試験官になって貰っているため

調べたことがなく詳細はわからないのですが

プロの試験官の派遣って

なんだか家事代行みたいで面白いですね。。

初めて聞いたときはびっくりしました。

日本にもあるのかな?

あればいいのになぁ。

この1年は偶然の用事が重なって例年以上に渡米してきて

幸運なことに前期(真冬)の期末試験も北米父にお願いできたのですが

来年度からは期末試験のたびに渡米してはこれません、、、たぶん(汗)

さあどうすべか、、、

という先の心配は置いといて

とりあえず僕さんは

数学と理科は飛び級して高校のコースを取っているため

期末試験にはproctorである北米父が必要なんでありました。

(小中のコースには、試験があっても、試験官が必要ではない)

(ミドルスクールまでの単位、成績は大学受験時に必要ないからだと思われる)

(高校国社も、プロジェクトや小論文が期末試験だと、試験官は不要かも?)

じつは僕さんは

高校基礎物理だけは3月末に終えてしまっていたのですが

渡米してくるまで期末試験が受けられないでいたのでした。

飛び級している教科でも

自分の好きな分野であれば

10ヶ月分のコース内容を2、3ヶ月で終えてしまえるのは

我が子であろうと人の子であろうと純粋にすごいな

と思ってしまいます



proctorがいないが故に

余った数ヶ月をプラプラしているのはなんとも勿体無いよね、、、

と物凄く残念に思います。

後期の期末試験さえ終えてしまえば

コース修了となり

その次のコースに進めるのですから。

(僕さんの場合は、僕さん憂鬱のHonors Biology ^^; )

ようやく渡米してきて

さあ期末試験が受けられるぞー

というときに

北米父が運悪く東海岸に出張、、、

基礎物理の試験は北米父が出張から帰宅してくるまで待てますが

幾何学だけは

サマースクールが始まる14日までに終わらせておかないと

代数2がスタートできなくなってしまい

それによってすべての予定が狂ってきて

最終的には来年度/新年度のスタートが9月にズレ込んでしまう、、、

というわけで

北米父の出張を微調整し

なんとか時間を合わせて

週末

無事に期末試験を終えることに成功した次第であります。

あー疲れた、、、

というか焦った (^^;)

そうして今日

無事Honors GeometryをギリギリA+で修了し

ほっとしております。

明後日からのサマースクールになんとか間に合って

本当にほっとしました・・・

明日はSDメンサに初参加、

そして北米父帰宅後は基礎物理のファイナルがあり

なんやかんやでバタバタ忙しい毎日であります。

大嫌いなG8 English(国語)は

苦手だからと後回しにしていたが故に

まだ40%も課題が残ってるしね、、、

(好き嫌いで出来高の差が激し過ぎる ーー; )

まとまった休暇を作ってあげたくても

本人も努力してくれなければ

無理、、、

目下の目標は

帰国までに8年生を修了すること

でありましょう。

すべての教科を終えた時点で

晴れてミドルスクール修了

となり

ささやかなお祝いでもできたらなぁ

と夢見ております (^^)

(だから早く終わらせろー)






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

期待が外れたインターンシップ(笑)

  • 2017.06.05 Monday
  • 23:55
昨日は僕さんのインターンシップの件で盛り上がったはいいですが

諸々きちんとリサーチしてみましたら

なんとなんと

F2ビザでは働くことが(基本)禁じられておりました (^^;;

無償だからいいかな〜

と甘く考えていたのですが

働くこと自体が(基本)ダメなんだそうです。

(学生ビザ以外のビザを僕さんが取るのは不可能に近いだろうし)

うーん、残念・・・

ただ

その(CS系)教育機関での経験は捨て難いため

『働く』というカタチではなく

『学ぶ』というカタチで交渉すればいいのかな

と思った次第。

F1で入国して現地の教育機関で学ぶことは違法ではないですものね。

残念ながらインターンシップという経験にはなりませんが

そこでは高校生、大学生、社会人学生と共に濃い学びが経験できそうなので

なんとか交渉してみたいと思います。

(まだ昨夜のメールへの返信はきてないが、おそらく断られるだろう ^^; )

SDメンサのサイエンスの集まりは

返信がきまして

どうやら予定通りに開催されるようです。

何人集まるんだろう??

ドキドキ・・・





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

期待のインターンシップ。

  • 2017.06.04 Sunday
  • 01:00
もう6月3日になってる!

びっくり、、、

とりあえず今日の私は

目も開けられないくらいの頭痛と顔面痛で

1日中ダウンしていました。

あまりにもガンガンして

気持ちも悪く

もう観念して横になっているしかありませんでした(苦笑)

しかも今朝は

僕さんに首を絞められている夢を見て

窒息感で苦しくて苦しくてハッと飛び起きたら

現実でも本当に喘息で息ができなくなっていたという (^^;;

きっと睡眠中に喘息が出始めて息苦しくなったから

首を絞められる夢を見たのでしょうね。

あぁ、苦しかった、、、

今日はもう休み

明日また渡米準備に精を出すことにします。

少なくとも今夜は

僕さんの "今夏の計画" のためのSDメンサとインターンシップ関係に

ようやくメールを書き終えることができたので

ほ。。。としております。

今夏は

交流は楽しいんだけど内容が簡単過ぎてつまらない

という恒例のサマー(テック)キャンプに行かせるのをやめ

CTYキャンプも(興味あるコースがすでに満員だったため)やめ

学校のサマースクールで代数2を取り終えてしまうことにしたのですが

それだと交流が一切ないため

SDメンサに連絡をして

定期的に開催されているイベント(のうち興味あるもの)に

参加させてもらうことにしたのでした。

そのなかで毎月サイエンスの集まりがあり

それにどうしても参加させたいがために渡米する日を早めたのですが

もしかしたら(人が集まらず)キャンセルになるかもという心配があり

その確認を今日ようやくしたわけです。

キャンセルになってないといいなぁ・・・

インターンシップは

UCSD関係のコンピューターサイエンスのものなのですが

17歳からと記載されていたため(&もう満員になってしまったため)

とりあえず14歳になる来年ぜひ仲間に入れてください

そしてできれば今夏、1日だけでも体験か見学をさせてください

という図々しいメールを

僕さんに(お尻を叩いて)書かせた

という話 (^^;;

ヤル気はあっても

メールは面倒くさがってなかなか書かないので

まだまだお尻を叩かなくちゃならないんですよね。

いずれにしても僕さんは

CTYなどギフテッドのサマーキャンプで3週間過ごすよりも

インターンシップで1ヶ月プロと共に働きながら学ぶほうが全然いい

と言い張っております (^_^;)

そんなに行きたくないキャンプに大金を払ってまで行かせる価値があるのか

と私も疑問に思いますし

とにかく偏っている僕さんの場合

like-mindedよりもlike-interestな仲間やメンターとの関わりのほうが

本人が楽しいぶん爆発的に伸びるんではないかな

と(私は)思うため

この地元SDのインターンシップ・プログラムには

かなり期待しております (^^)

前向きな返信が来ることを願いつつ

今日のところはおやすみなさい。。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

自己管理が流行中。

  • 2017.05.22 Monday
  • 12:40
航空券を購入したら今夏の我々のプランの全貌がやっと見えてきて

数ヶ月ぶりにほっとしております。

予算や時間、僕さんの夏のプランとの兼ね合いがあり

散々迷ったのですが

結局今夏は早めに北米両親宅に行って

僕さんの交流(の土台作り)や 大学院の(寮生活の必需品等の)準備をし

あとは北米両親に任せて自分はコネチカットに飛ぶことにしました。

渡米までに済ませておくことも山盛りですが

とりあえず課題のリーディングは可能な限り毎日こつこつと読んで

あとは "SDの実家" で集中的に勉強しようと思います。

というわけで

最近の僕さん

ですが

私が(今は忙し過ぎて)彼に自主性、自己管理能力を執拗に求めているからか

ようやく

ようやく

自分で学校生活の管理をするようになりました。

僕さんの学校は

基本は生徒個人のレベルやペースで学習を進めていけるため

自由度は高いのですが

かなり高い自己管理能力が求められます。

自己管理能力がまだ培われていない子どもや生徒には

家族が責任を持って管理なりサポートなりしなければなりません。

先生方もそれぞれサポートしてくれますが

そのサポートの仕方は大学の先生のよう・・・

要は

生徒がサポートなりを求めればかなりきちんと対応してくれますが

先生方のほうからは積極的にアプローチしてくれないのです。

生徒からの自発的な働きかけが期待されているのですね。

自己管理能力が培われていない生徒の場合

家族にかなりの負担が毎日強いられるわけですが

自己管理能力/タイムマネジメント能力の特訓にもなって

私としては(イライラしっ放しだけど)なかなか良いと思っています。

大学に行ったら誰も管理してくれませんものね (^^;;

(アメリカの大学では基本勉強しなくてはならない。課題も山のように出ます)

(勉強するも単位を落とすも自由。でも大学院に進みたいなら成績は大事)

(息抜きするにも自己管理能力/タイムマネジメント能力が重要です)

(僕さんの息抜きはパーティーなどにはならないでしょうが。笑)

(パーティーが苦手な私などは、ドライブや日帰り旅行で息抜きしていました)

僕さんは自分の好きなことに没頭してしまいますから

学校の勉強など(声をかけられなければ)基本放置、、、

しかし最近になって突如

自分でプランナーを作成し

毎日確実に課題を終わらせては達成感に浸るようになったため

私が驚いております。

私が学期始めに作成した計画表の存在は完全に忘れ去っています(笑)が

自分で(課題と課題の兼ね合いや量、時間配分なども)考えて計画したほうが

実際のところ本人も無理なく達成できますよね。

僕さんの最近の自己管理フェチは学校の勉強だけにとどまらず

生活衛生面でも見られるようになりました。

もちろんまだまだ結構だらしないですが

朝夜きちんとニキビケアをするようになったし(笑笑)

とりあえず気がついたら自分や身のまわりをケアするようになって

ど、どうした!?

不審に思っております。

(僕さんの七不思議の一つ。ニキビよりホクロのケアに熱心)

(ケアすればニキビは抑えられるのに、ニキビはスルーでホクロが気になる)

(ホクロのセルフケアはないような。故に今はニキビケアに集中すればいいのに)

(僕さんの七不思議もう一つ。脱いだ服は綺麗にたたみ、洗濯済みの服は放置)

(前々から思っていたが・・・なぜ?)

(脱いだら洗濯用バスケットに放り込めばいいのに)

(綺麗にたたんでしまうから洗濯するのを忘れ、しまいには着る服がなくなる)

(ちなみに我が家は個人それぞれが洗濯をする。僕さんのだけは私が干す)

(夫は毎日最低2回は洗濯機をまわしている。アスリート並みの運動量なので)

(アスリート並みの運動量かつ食事量。私は『給食のおばさん』でもある。笑)

いずれにしても僕さんのなかでは自己管理が流行中。

これは本人にとっても良い、私としてもありがたい、で万々歳であります。

おそらくコンタクトレンズのために頑張っているのでありましょうな。

僕さんはコンタクトにしたくてしょうがないのです。

(僕さんは赤ちゃんの頃から自分の容姿が生理的に苦手、、)

(周囲からなんと評価されても、自分が嫌なものは嫌、ダメなものはダメ)

(これは容姿だけでなく自身の作品の完成度や習得の達成度に対しても同じ)

(逆に自分が気にならない部分は他人にどう評価されても全然構わないらしい)

(もう少し意識してバランス良くしたほうがラクに生きられるのに・・・)

私もアトピーが苦痛になる前までは当然コンタクトでしたが

コンタクトこそ衛生が保てなくては目に危険なため

清潔な日常を自己管理し、それが習慣化するまではコンタクトは許可できない

と伝えたのですね。

そうしたら突如自己管理に精を出すようになりました。

何を言ってもやっても動かなかったのに

コンタクト欲しさにここまで頑張るか・・・

意外と単純。

笑笑笑。

しかし自己管理能力が向上し習慣化したら

憧れのコンタクトレンズを

前向きに考えてあげたいと思っています。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

メンサSD。

  • 2017.04.27 Thursday
  • 13:45
昨日は

14項目強あった "今日のto-do-list" を

初めて全部クリアすることができ

物凄い快感でありました。

(項目が2、3と少ないときは、そりゃ全クリしたことありますが ^^; )

(ちなみに "全クリ" という言葉を初めて使ってみた。やはり違和感あり)

(ちなみのちなみに私はゲームで全然遊ばない。横で見物する派です)

プチ自己満足ではありますが

この流れはいいですよね。

流れを変えないように

今日もこつこつとこなしていこうと思います o(・x・)/

そういえば昨日はアメリカン・メンサのローカル支部から連絡がきて

(私自身もほかで忙しくてとりあえず横に置いてあったのですが)

ようやくFBで僕さん(&自己)を紹介することができ

ほっとしました。

中高生のインドア系男子がいればいいな〜

と思ってメンバーの方々をチェックしていましたら

お父さんが激しく(おそらくゲームの)プログラマー

という家族がいて

感激してしまいましたよ〜(笑)

その方はもちろん

その方の知り合いも

GoogleやMicrosoftほか

こんなに世間に疎い私でも知っている会社で働いている方だらけであり

お〜〜

この縁は僕さんにとっては物凄く物凄くありがたいかも〜〜

と希望で嬉しくなってきてしまったのでした(笑)

(大企業に就職してほしいわけではなく、そこは純粋に「おー!」と思っただけ)

(僕さん自身は今は起業に燃えてるし、我々は僕さんの情熱を応援したいのです)

(ただ "その世界" のプロフェッショナルとの出会いは大切と思っています)

ゲーマーでない私はまったく知らなかったのですが

その方が過去に働いていた会社のひとつが

「GTAのカンパニー!」らしく

そこで僕さんは初めて興奮した

という(結構どうでもいい)話 (^^;;

正直ゲームもテクノロジーも私には全然わからないのですが

とりあえず僕さんがその方と知り合いになれたら

いろいろな話も聞けるし

勉強になるだろうなぁ

と思ってまたいろいろ妄想中・・・

とりあえずは

僕さんの情熱として

物理、プログラミング、ゲーム制作をこよなく愛す

と紹介しておいてよかった。。。

と思いました。

ちなみに上記のご家族は

北米両親宅と同じ町に住んでいるようでありました。

ご近所さんだなんて

なんという幸運!

あとは内向的な私がどれだけ夏に頑張れるか

でありましょう。

情熱の話であれば

僕さんは超積極的な饒舌人に突如変身しますから

はじめの社交だけ頑張れ、私!

と今から自分にハッパをかけております。

この夏は

大学院を含め交流に精を出さねばならない場ばかりで

私は大丈夫かな、、、

ちょっと不安 (^-^;

英語の部分ではなくて

性格の部分で

心配であります。

内向的ノマドですからね・・・

社交派の夫がいてくれたら心強いのですが

仕方ない、、

頑張るか、、






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

まあまあ魔の1週間。

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 10:45
先週はまあまあ魔の1週間でした。

疲れました、、、

僕さんの大事な諸々で東京に行かねばならず

そのためのプレゼン準備や面接の練習(=基本マナーの伝授)に追われ

その間に僕さんの来年度の計画の諸々を学校とやり取りし

自分のビザ関係で大学院とも同時進行で連絡し合って

当然ながら僕さんのスクールワークを確認しつつ

家の事も(本当に可能な限り、、なんですが、、)やって

すべてが終わった月曜日は

頭も身体も久しぶりに動かず

撃沈していたという (^^;;

しかしこれで僕さんの諸々がだいぶ落ち着きました (T_T)

あとは(結果や来年度を)待つのみなので

しばらくは僕さんのアメリカ現地での "夏" の準備(&毎日のお尻叩き)と

自分の大学院に集中できそう・・・かな?

東京では

時間(というより余裕)が全然なかったため

ついでにどこかに遊びに行こう!

という気持ちにもなれませんでしたが

とりあえずの

スカイツリー(笑)

夫が息子に東京の全貌を見せたかったそうで(笑笑)

その後は

浅草寺(しかし夜 ^^; )

いやぁ

我々にしては活発に動きまわって

我々を知る誰もがびっくりでありましょう。

僕さんが数学でもう本当に困って困って困っているときに

いつも助けてくれる日本の数学少年くんとも初めて現実世界で会えて

短時間でしたが充実した東京滞在でありました。。

我々に会うためだけに

家族で(しかもスカイツリーまで!汗汗)駆けつけてくれて

本当にありがとう。。。

ちなみに僕さんは

あんなに会いたがっていた数学少年くんにやっと会えたのに

ドギマギしてしまって結局一言も発声せず、、、

毎度ながら

不発弾か (ーー;)

とヤキモキする母でございました・・・

かたじけない・・・





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

自意識過剰だけど本番には強いのかも。

  • 2017.04.23 Sunday
  • 15:25

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM