ミーム4U/ライフハック4me。

  • 2017.10.20 Friday
  • 20:50
前かがみの姿勢で

読んだりタイプしたりばかりしているため

背中全般が痛い、、、

ということで新しく設置しました。

ダイニングテーブルに

MyNewワークステーション

を。

スクリーン(x2)を高め設置したため

背筋がピンと伸びて

これは我ながら素晴らしいアイデア

と悦に浸っておりますよ ♪(´ε` )

ちなみに左のiPadがreading & research用で

正面のが論文などの実務作業用であります。。

いやぁ、いい感じ。。

僕さんは

So cheap!!!

と大喜び。

私的には「ライフハック!」な感じなのですが

僕さんに言わせると「完全にヤバい!完全にmeme(になる)!」んだそうな。

若者からしたら痛過ぎる親の言動が

日本でも英語圏でもmemeとなって拡散されていますが

これはギリギリ「あり」じゃないでしょうかね?

(「No.」と横で言われ続けてるけど、まあいいわ。うるさいうるさい。笑)

自分の痛みが軽減されることのほうが

中年には大事なんであります。

さぁ俄然ヤル気が出てきましたよ。。

今週末も頑張るぞ〜〜 (o^^o)

追伸#1:英語圏のmeme(ミーム)情報が書かれているブログがネット上に多々ありましたが、コチラの方のが一番新しくて面白かったです。笑笑!(←油売ってないで課題やれ、、、)

追伸#2:記事のタイトルがダサいことは計算済みであります。。(←早く課題やれ、、、)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

現実逃避に掃除と『gifted』。

  • 2017.10.01 Sunday
  • 11:40
2ヶ月ぶりに床をモップしています。

学期中は可能な限り掃除機だけで済ませているのですが

ベタベタがついに我慢の限界に達したので。

リサーチペーパーからの現実逃避でもあります。

いやー気持ちいい。。

もともと料理より掃除のほうが好きというか

家事としてなら掃除のほうが好きというか

料理に手を抜いても(子育てを考えなければ)全然平気だけれど

家が汚かったり散らかり過ぎてしまうと

アトピーや喘息も悪化するし

精神的にもう心の底から耐えられなくなるのですね。

家ごとゴミ箱に捨てたくなってしまいます。

料理には今はこだわれなくても

外で美味しいものが食べられますよね。

でも家が汚くて耐えられないからホテルに逃避することは

まあ我が家はそんな金銭的余裕はないですし

たとえ一時的に逃避できたとしても

またゴミ屋敷に帰宅することを思うとバカみたいですし

そのお金があるなら家事代行サービスを頼んで

ピッカピカに掃除してもらいたいなぁ(´-`)

その前に不用品を全部処分したいですが

それは我々本人でないとできないため

今は我慢するしかありません。

とりあえず今学期は

課題にいき詰まったら可能なエリアを掃除することにしよう。。

目指せ冬休み!であります。

今度の長期休暇こそ

延期課題でなく

断捨離するぞ!

そのために今は

延期課題を出さないよう

今学期の勉強を頑張りたいと思います。

そういえば

映画『gifted』を

買って観ました。

現実逃避

のためだけではなくて

今学期のコースの三大プロジェクト第3弾で使えそうなので。

(第3弾はギフテッドが主人公の文学や映画など二作品の比較分析ペーパー)

アメリカのギフテッド・コミュニティでも

ウソ臭くなく&的外れじゃなく(要はギフテッドの現実にありがちな話で)

ギフテッドというよりは家族愛に重点が置かれている純粋に良い作品

と評価が高かったですが

まさにその通りでありました。

“おじさん” の言い分も “おばあさま” の言い分もわかるし

どちらも間違ってないよね・・・

と。

あとはもう

子ども本人の希望や性格、特質や(ある場合は)困り感、

家族の(例えば文化なり経済的な)環境や状況によって

家族それぞれが選択し、決断し、柔軟に進んでいくまでかと思いました。

日本では確か11月公開ですよね。

私は今年この映画を5回も見逃したので

もう我慢ならずに買って観てしまいました (^^;;

(どうでもいい話ですが、2月3月に渡米したときは劇場上映直前で帰国し、6月に渡米したときはサンディエゴ近郊ではもう上映されておらず、最新映画がいつも観られる国際線でも往復どちらも何故かセレクションになくて、6月7月の時点では北米両親宅のオンデマンドやアマゾン・プライムでも公開されておりませんでした。しかし我々が帰国してから即オンデマンドかアマゾン・プライムでavailableになったそうで、なんじゃそりゃ、、、であります)

私のように待てない方

私はアメリカのアマゾンで購入しましたよ〜(笑)

わかりませんが

私もプロジェクトで使わないのであったら

あえて買わなかったかも??

(買うか買わないか1ヶ月悩んだ)

個人の参考になる、ならない、というより

この映画がこのタイトルのまま日本で劇場上映されることに意味があるのだろう

と思います。

さて

リサーチペーパーに戻りますね・・・

皆さんは良い日曜日をお過ごしください。。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

地理的困難かLGBTQIAか。

  • 2017.09.25 Monday
  • 15:20
不調が続いているミドルエイジな母さん学生ですが

不調、不調、、

とは言っておれなくなりました。

三大プロジェクトの第1弾にとりかかる時期が

やってきてしまったからです。

第1弾はリサーチ論文です。

もちろんギフテッドに関してですが

以下の困難からトピックを選んで

リサーチして

5-7枚にまとめるのだそう・・・


・Physically challenged 身体的困難
・Culturally challenged ESLも含むカルチャー的背景の違いからの困難
・Geographically challenged 僻地や大都市に住むからこその困難
・Learning disability 学習困難
・LGBTQIA(Lesbian, Gay, Bisexual, Transsexual, Queer, Intersex, Asexual )
・Socio-economically disadvantaged 貧困や問題家庭に生まれたが故の困難


正直どれについてリサーチしたいのかがまったくわからないのですが

自分から一番遠いトピックはLGBTQIAだろうかなぁと思います。

だからこそリサーチして

きちんと知っておきたいかな

と。

自分の無知で他者を不用意に傷つけたくないですしね、、、

(って、すでに傷つけてしまってるかもしれませんが・・・)

自分の子育てに一番近いのは地理的困難でしょうか。

とくにインターを退学してからは地理的に困ることが沢山です。

関東圏に住んでいたら8割は解決する問題なのですが

たかだか公式テストを受けるだけでも(労力的にも金銭的にも)大変で

しょっちゅう頭を悩ませています。

その困難さを経験中だからこそ

逆に改めてリサーチする必要もないのかなと思ったりして (^^;;

あるいは論文にして

困難さをアピールしようかな??

(そのアピールがなんらかの役に立てばいいのだけれど、なるのだろうか?)

学習困難、いわば2eに関しては

もう沢山の研究がなされているので

あえて私が今回リサーチ論文を書かずとも

研究者の論文を読んで学べばいいような(苦笑)

そうなると

どれだろう??

身体的困難、文化背景的困難、貧困や家庭の困難は

困難が想像できますよね・・・

でもLGBTQIAかつギフテッドの困難だけは

その困難が

ちょっと想像できないかも。

というわけで

やはりLGBTQIAかつギフテッドをリサーチしようかな・・・

悩み中・・・





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

Aで今のところセーフ。

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 16:40
今週前半の課題を提出しました。

やった!

これで一瞬気持ちが

Free!

になります。

そして

そして

8月末に終了させた大学院のコースにも成績がつきました。

ありがたいAでありました〜 (^^)

これで2つ目のコースも無事修了。

8月初旬に修了した1つ目のコースも(想定外の)Aだったので

今のところ卒業はできそうですね。。

(平均B以上の成績がないと修士号がとれない=卒業できない)

とりあえず安心しました。

今学期の(今の)3つ目のコースも頑張っていきましょう・・・

ちなみに先週の歯痛も

虫歯ではなく(&ほかにも虫歯はなく)

温存療法?で誤魔化し続けている箇所がまた疼き出しただけでありました。

新たな虫歯じゃなくてよかった〜〜 (T_T)

しかしそろそろ根管治療を受けたほうが良いかもしれません。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

月曜と木曜と音読の旅。

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 14:15
終わった、、、

今週の第一回目の課題をようやく終えて、提出しました、、、

自分で決めて始めたことなのに

毎日結構なストレスを感じております。

とくに課題提出日の月木は狂気染みていますよ、、、

現地での合宿も辛いけれども

オンライン・クラスもやっぱり辛いですよね (^^;;

(大学復学時にあれだけ経験したのに、喉元過ぎたら忘れ去っていた)

どっちのほうがストレス的にラクだろう・・・

と考えたのですが

どっちも違う部分でキツく

故にどっちも同じくらい辛い

と思いました。

1番ラクなのは

現地での超短期強化合宿ではなく

現地で普通に長期で学ぶ=いわゆる普通の通学ではないかな・・・

教室内で実際に学ぶ以上の情報が入ってくるし

疑問点はすぐに誰かに質問できるし

まあそれはオンラインでもできるんですが

やはり現地学習で1番ラクなのは

ディスカッションにそこまで参加しなくても(できなくても)参加したことになる

という点でありましょうか σ(^_^;)

実際ディスカッションに参加したくても

本当にできないんですよ〜〜(汗)

知識量が違い過ぎて。

周りのクラスメイトは現役の(主にギフテッドプログラムの)教師ばかりなので

ギフテッドを(四苦八苦して?笑)育ててはいるが

ギフテッド教育のない国から来ている親という肩書きの私に

プロのギフテッド教育者達と対等に議論することは実質不可能なんです(苦笑)

私は皆さんの議論を聞くだけで新しいことを学んでいる感じですよね(笑)

教授もクラスメイトの皆さんも私の立場を熟知しているので

私にそこまで(良い意味で)期待していないというか(爆笑)

私がディスカッションに貢献したかもしれない部分は

おそらく

アメリカのギフテッド教育者達が想像したこともなかった質問を

たまに投げかけたことでしょうか (^-^;

それで皆さんが「むむむ!?」と考えてくれ

そこから様々な意見や案、又は説明を出し合ってくれて・・・

プロの皆さんに "意味のある質問" をすることが

実際のクラスルームてのディスカッションで私ができる唯一の貢献であり

それも物凄く楽しかったです。。

しかしオンライン・クラスになると

ディスカッションは『書いて提出』というカタチになるので

現地学習のようにピンポイント参加ではなく

必然的に超積極的参加することとなり

それが結構キツいなと(UMass時代から)感じています。

もちろんディスカッション・クエスチョンに対して自分の考えを述べる前に

大量の読み物やら動画などで勉強しなくてはならないですから(って当たり前 ^^; )

それもキツいです、、、

って

勉強が全部キツいってことじゃないか〜(苦笑)

そうかもしれませんね。

この『常に追われてる感』がイヤ (^_^;)

早く卒業したいなぁ・・・・・

ちなみに私は英語になるとやはり顕著にauditory learner(聴覚型学習者)で

大量の読み物が毎回本当にキツい、、、

日本語だと結構な速読人なのですが

英語だと、もう、、、遅いのなんのって、、、

(僕さんは私の3倍以上の速さで読んでいく、、、)

(私はネイティヴ学生の3倍以上の時間をかけているということ。苦笑)

たまに課題の一部が動画になっていると

もうそれだけで大助かり。

ちなみに大量の読み物を



お決まりの音読をしておりまして

そろそろ顎と頬が筋肉痛です。

喉も枯れてきました。

私だって音読したくないのですが

黙読していると理解が超スローかつ(もう年寄りなので)眠くなるんですね。

やはり音読すると理解も普通に速くでき

わからない単語は僕さんが横から即教えてくれ

間違っている発音も即(頼んでもないのに)直してくれ

一石三鳥であります。



今学期はギフテッドのソーシャル・エモーショナルについての勉強ですから

私が教科書や論文記事を音読することによって

それを流し聞いている僕さん自身のself-awarenessと(結果的に)なり

驚きの一石四鳥となっております。

顎と喉をいたわりながら

音読の旅は

まだまだ続く・・・

あと2年間・・・

顎頬喉が

もつだろうか (^^;;





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

秋学期が始まった〜頭痛い。

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 21:20
やっと夏学期が終わった。。。

と安堵したのもつかの間

もう秋学期が始まってしまいましたよ。

頭痛い、、、

いや

今日は午後から熱が出てしまって

本当に頭が痛いのです。

頭と顔と首が痛い〜〜、、、

今夜はもう寝よう (T_T)

今日は僕さんと私自身の新年度のために

学習スペースを少しだけ整頓し

新しいacademic yearに課せられることをおさらいしました。

そうして

僕さんの学校に連絡しなきゃ

ということが判明しました



頭が痛くて今夜はムリかも、、、

明日は絶対に・・・!





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

夏学期終了(≧∇≦)

  • 2017.08.26 Saturday
  • 10:55
やったー!

終わったー!

やっと終わりました夏学期!!!

2つめのコースの課題を今すべて提出しました。

長かった、、、(泣)

このコースは

レンズーリ教授らが開発したSchoolwide Enrichment Modelを学ぶコースなのですが

これだけ(実質9コ)

課題がありまして

しかも本来は現地での5日間で終わらせるというものだったため

私だけでなくクラスメイトも皆(多過ぎる!!!と)苦しんでおりました。

(5日では絶対にできない、と私は即座にあきらめ、教授に延長を交渉。笑)

幾つかの課題は簡単=単純作業だったりするのですが

そういう簡単な内容のものは量でカサ増ししてあるんですよね σ(^_^;)

でもまあすべての課題が

GATE教師や地域のギフテッド・コーディネーターである皆さんが

この秋の新年度より実際に使えるようにと非常に実践的なものばかりで

面倒ではあるがありがたい!

と私は思いました。

ギフテッドの教師やコーディネーターではない私にとって

実際あまり使えない又は実践的な意味をなさない課題は

オプション課題リスト(10項目)のなかから好きに代えてよくて

そこも非常にありがたかったです。

故に(私は)

4項目をオプション課題と交換?(引き代え?)し

逆に大変にしてしまったという (^^;;

本来であれば流れ作業的なリストを長々と作成するだけでよかった課題も

私の活動に役に立つどころか知識としても日本ではあまり使えないと感じたため

物凄く悩んだのですが

結局(単純作業を選んで早く課題から解放されるという甘い誘惑をふり切り)

大変で時間もかかるが今からでもすぐ使える課題に挑んだ次第 σ(^_^;)

作らなくてよかったプレゼンも2つ(しかも日本語で)作りましたよ〜。

(↑英訳を付ければOK。我々が実際に使える!ということが課題の目的なため)

そして

もともと「あぁ〜作らなきゃ〜」と思っていたwebsiteも

オプション課題として今回作ってしまいました。

笑笑。

この活動のために始めたTwitterも

(全然アクティブじゃないですが。汗)

近々そのサイトにシンクさせたいと思っています。

そちらでは新しくギフテッド教育=全校拡充モデルのブログも始める予定ですが

問題は

課題に忙し過ぎてブログがなかなか書けないかも、、、というジレンマ (T_T)

修士課程を終えるまでは確かにあまり動けないでしょうが

そちらのサイトからUConnで学んだことを細々とシェアしていけたらいいかな?

とりあえず

疲れました。

夏休みは結局この週末の2日だけ(涙)

私の秋学期は来週月曜から始まります。

家の片付けは無理だったな、、、

悲しい、、、

このゴミ屋敷に冬休みまで暮らすことを思うと吐きそうになるのですが

とにかく冬休みが1ヶ月きちんと確保できるよう

秋学期も頑張って乗り切っていこうと思うのでした。

目指せ冬休み断捨離!!!

ちなみに秋学期は

ギフテッドのソーシャル、エモーショナルな特徴について勉強します。

とっても楽しみです。。。

ちなみのちなみに僕さんの新年度=秋学期は来月初旬に始まります。

僕さんもサマースクールで取っているAlgebra 2のfinalが間近に迫っていて

ピリピリしてますよ〜

という感じは一切ありません f^_^;

彼は余裕だ・・・

余裕ではいけないはずなのに余裕であるから

私がイライラハラハラして困ります。

でも確かに理数に関しては本人もわからないときは必死に努力をするので

もう私があまり心配することもないのですが

新年度からまた始まる国語、新たに始めるラテン語、日本語が非常に不安、、、

しかも(いつの間にか)ハイスクーラーですものね ( ̄д ̄;)

自分の勉強(自己投資??もはや趣味では全然ない、、、)と

僕さんの教育にまつわる指導&管理(こちら本気のフルタイム業務=仕事)と

家事・子育て全般(義務)の

両立・・・

三立??

なんだかわかりませんが

非常に不安。

とにかく倒れてしまわないよう

手を抜いて乗り切っていこうと思います。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

ゴールが見えてきたような。

  • 2017.08.19 Saturday
  • 13:10
こんにちは。

ご無沙汰しております。

この1週間は課題ウィークとして詰めておりました。

そしてまだ終え切ってないという f^_^;)

しかし残り3つのうち2つは今日中に提出できる状態で

最後の1つであるプレゼン資料作成も

おそらく1日あればできるんではないかな

と思って

気持ちもかなり上向きになってきております。。

当然ながら1日中ずっと課題に集中しているわけなく

集中したくてもできるわけなくて

ヤル気スイッチが切れ1日悶々と過ごすだけの日もありました(苦笑)

こまめに休憩をとりながら(=家事をこなしながら)

隙間時間に着々と課題を片付けるタイプの人(=北米母)もいるでしょうが

私は一度スイッチが入ったら

スイッチが切れるまで没頭してやらないと逆にできないタイプなため

今週も両立の大変さを改めて痛感しております。

集中型ですから

ヤル気スイッチさえ入ってくれれば自分でも安心なんですが

そのスイッチが入るまでにやたら時間がかかるんですよね (ーー;)

山小屋にこもったり

ホテルで缶詰めになるのが

一番手っ取り早くスイッチが入るんだろうな

と思いますが

それは "お母さん" には出来ない話、、、

でも正直なところ家族にはまあまあな犠牲を強いているので

感謝感謝。。

であります。

おかげさまで夫も僕さんも

それぞれ個別でマイワールドを存分にエンジョイしております(笑)

(申し訳ないのは食事内容と家全体のグチャグチャ感、、、)

とりあえず今週末を頑張って

秋学期が始まる28日までの1週間

家全体の片付けをするのが

今の私の最大の夢なんでありました (^^)

山積みになっている僕さん関係の事務作業も

来週やるぞ!

・・・ふと思いましたが

せっかくゴールが見えてきたのに

すぐその向こうに

新年度

という次のスタートが待っていた、、、

ちょっとショック

だけど

課題に追われない1週間がとれる(はず!な)だけでもラッキー

ということで課題に戻ります。

皆さんも残暑には気をつけて

安全かつ楽しい夏休みを送ってくださいね (^^)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

しゅう!ちゅう!

  • 2017.08.12 Saturday
  • 16:40
夫もお盆休みに入ってしまいました。

もう一つのコースの課題に追いつめられている私は

もぉー耐えられない!!!

ということで今週末は集中に入ります。

私だって遊びたいし

解放された状態で掃除したり料理したり友人に会いたい (T_T)

このコースの課題は幸いなことに小さめなので

なんとか3日で片付けられたらと思っています。

恐ろしいほどの理想ですが、、、

やるぞやるぞ!

残り7つ!

いい加減に休みがほしいぞー!!!





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

実証実証実証実証。

  • 2017.08.05 Saturday
  • 10:40
先日

『課題やり直し2度目 (T_T) 』

という記事を書いた直後に

課題の成績

そしてコースの最終成績が

フィードバックと共に送られてきて

ひっくり返ってしまいました。

私のなかでは完全にCレベルの課題にはAが

そしてコース自体の成績にも華麗なるAがつけられていて

もちろんホッとはしましたけど

A評価に値しない出来具合いだったため

どうして!?!?

と衝撃を受けてしまったのです。

しかも やり直して再度提出する予定だったのに

どうして??

・・・どうやら

完成度が低い故に具体的にこうこうこうしたほうが良い

という教授からの(日本時間深夜過ぎに受信した)メールに

やり直して24時間以内に再提出します

などと(眠過ぎて眠過ぎて即)返信しなかったため

その7、8時間後(日本時間の翌朝)に成績をつけられてしまっていた

ということのようでした。

これは完全に私のミスであります、、、

僕さんの学校や私の大学での経験上

仕事が速い先生と遅い先生がいるというのは感じていたのですが

基本(私が出会ってきた)教授は仕事が非常に速い

ということを忘れておりました。

僕さんの学校だと

個人によっては仕事がそこまで速くない先生もいるので

半日くらい(返信しないで寝てしまっても)大丈夫だろう

という感覚が私にも知らず知らずに身についてしまっていたのですね。

(&自分自身も仕事が遅いし、、、)

これは危険、、、

純粋に成績だけの話をすれば

今回は結果がAだったから良かったですが

これが(私が感じている)Cだったら

もう悲惨でしたよ、、、

博士課程に進むつもりは現在まったくないですが

人生いつ何が起こるかわからないので

成績(GPA)に関しては(アメリカでは)油断してはならない

と経験上(強く!)感じています。

大学受験の場合は日本の中3の成績から評価されますからね〜 ヽ(´o`;

日本の高校からアメリカの大学に学部生として受験する方は

中学3年生の1年間を含めた "高校4年間" の成績を提出することになりますから

中3は中学だから関係ないや〜〜

と中3を適当にやっていてはいけませんよ〜〜 ヽ(´o`;

私も大学受験のときにわざわざ地元の中学まで成績を取りに帰りました、、、

そして悲惨なことに

中3の1年間だけ成績がすごく悪かったんですね (;´Д`A

高校受験をしないでインターに進学する旨を担任に話したら

(当時のインターは高い内申が必要なかったので)

1学期の通知表では9教科ほとんどの成績で評価を一つ下げられていて

私を含めた家族全員で凍りついたという(苦笑)

今まで常に5だった英語も4にされていましたしね、、、

(↑私より中間と期末の点が若干低かった子に5がついていてショックでした)

(彼女は地域で一番の公立高校を推薦で受ける優等生だった=内申が必要、、、)

とりあえず納得がいかず担任(偶然にも英語の先生)を問い詰めたら

私の目が(この1学期間)魚のように死んでいたから

だって。

なんて真っ赤なウソだ、、、

私のように(超教育熱心な家庭の)クソ真面目な生徒が

中3という大事な時期にダラけるわけがないでしょう。

(親に鞭打ちされてしまうよ、、、)

しかも今後のインター進学&留学に向けてヤル気に満ち溢れていた時期で

私自身は希望でキラキラしているつもりだったのに

死んだ魚の眼をしていた

だなんて

一気に担任&学校に不信感を抱きましたし

一度大幅に下がった評価を以前のレベルに上げるのは至難の技でありました。

(しかも学校側が皆の高校受験のために何やらしている場合はほとんど無理)

まあ過ぎたことだからいいのですが・・・

と高校インター&イギリス時代はこの悔しい思いを忘れ去っていたら

アメリカ大学受験のときに

この人生で一番最低評価な中3の成績をも提出しなくてはならないと知って

新たにショックを受けたという、、、

そしてまさかの大学院受験で

またまた(今度は)学部時代の成績(GPA)が必要になって

もう踏んだり蹴ったり (^^;;

私の場合は大学に復学してギリギリ挽回できたからラッキーでしたが

逆に大学院の受験条件に満たないGPAで20年前に大学を卒業していたら

どうなっていたんでしょうね・・・

(でも大学院受験の場合は、職歴や人生経験も評価の対象になるので、大丈夫)

長々と逸れた話を書き綴ってしまいました (^_^;)

今回のコースでは

この中3のときとは真逆のことが起こり

単純に累積されていく成績のことだけ考えれば感謝しかないですけれど

実際の(完成度の低い)内容を思うと

どう見てもcheat(ズル)した感じがして

後味の悪い結果となってしまいました。

貴女はいつも自己評価が低いから(貴女の言うことは)信頼できない

と北米母に(今回も)言われ

改めて内容や教授からのフィードバックなど自己分析してみましたが

・・・そうですね

おそらくトピックも内容も構成も仕上がり感も

そこまで悪くはなかったかもしれません。

確かに課題のやり方を間違えてしまって

慌ててやり直したため完成度がぐんと下がったのですが

はじめに提出したものは完成度もそこまで低くはなかったですし

やり方の間違い(勘違い)は完全に英語力と経験値の低さが原因なため

そこはどの教授もいつも考慮してくださる・・・と(苦笑)

それでも私が教授だったらBと判定するかなぁ、、、

と思ったのは

フィードバックでも繰り返し指摘されていた

"You need to be careful about claims that you cannot support by current or recent research."

という学術論文や研究報告では基本である実証の部分が足りていなかったから。

研究や調査報告によって実証されていない内容は

どんなに理論整然と述べても個人の意見や憶測に過ぎず

私の周りではこうだし、ああだし、こういう例しか見たことも聞いたこともないし

と力説しても

その証拠となるデータを信用度の高いソースから集めてこなければ

それは単なる個人の経験、主観的な意見

と見做されてしまう=信用されないんですよね。

当然ながら毎回私も自分のclaimsをサポートするためにあちこち調べるのですが

今回は、その後で書き足した部分がまともに実証できていなかった、というのと

やはり全体的にエビデンスが少し足りないというか弱かったかな・・・

と感じて

やっぱりBだよね f^_^;

と思っております。。

こんな感じで

大学院初めてのコースのうち一つは修了いたしました。

もう一つのコースで出されている小さめの課題(x9!)は

秋学期が始まる8月28日までに

1ヶ月(弱)のあいだテンポ良く提出していきたいです。

はぁ・・・

とにかく実証、実証、実証、実証・・・





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM