怒涛はきっと私だけ。

  • 2017.11.09 Thursday
  • 20:40
今さらながら三大プロジェクト第2弾を先ほど提出しました。

。・゜・(ノД`)・゜・。

苦しかった、、、

1日くらい休みたいですが

もうすでに今週の課題に遅れをとっているので

というか今週の勉強に手をつけてすらおらず

今晩中になんとかするという状況であります。

何が恐ろしかったって

第2弾を提出しがてらディスカッション・フォーラムに顔を出したら

私以外のクラスメイト11人は

すでにディスカッション・クエスチョンに余裕で答えていたよ

という事実でありましょう。

皆さん

現役フルタイムの教師なのに

いつ課題をやっているのか・・・

その生活をFBなんぞで垣間見ると

学校のハロウィーン・イベントで完璧な仮装で “先生” していたり

市の『なんとかデー』やらに教師仲間と参加していたり

子どもを(しかもちゃんと定期的に)遊びに連れて行ったり

旦那さんやお母さんなど家族の誕生日祝いに大きなケーキを焼いていたり

(その素敵なバースデーパーティーの準備もきっとしただろうし)

と衝撃的に充実したアクティブな生活(゚д゚lll)

課題はもちろん

いったいいつ休んでいるのでしょう??

怒涛の毎日に呑み込まれ

アップアップしているのは

きっと私ひとりだけ(笑)

皆さんの手抜きナシ感が素晴らし過ぎて

私は亜然とするばかり。

本当に同じコースをとっているのでしょうか(苦笑)

それにしてもバースデーケーキか(´-`)

私など

この第2弾に集中していた日々は

朝昼オートミールで

時間労力をセーブしておりました。

(単に作るのが面倒なだけ。一点集中型なのでヨソゴトはできません)

(しかし僕さん&夫のためだけに超時短料理はしていた)

(超時短=基本焼くだけ 時々 煮込み)

(煮込み=カレー、シチュー、豚汁。栄養を考慮し野菜どたっぷり)

(↑このおこぼれに私もあずかる)

私がシングルだったら

完全に毎食オートミールだったでしょうな。

こんな余裕のない私にケーキなど焼けるはずもなく

クラスメイトの凄さにますます感動、敬服してしまうんでありました。

とりあえず今から今週の課題に集中します。

なんとか今夜中に終わらせたい。

前にも書いたと思いますが

三大プロジェクト第1弾も(あと少し!なのに)まだ終わらせておらず

落ちこぼれ生徒の代表になっているのです。

日本人にも時間を守れないヤツがいるんだね

とアメリカ人の皆さんにカルチャーショックを与えているかもしれません。

今月末には三大プロジェクト第3弾も控えているし

最悪ですな、、、

としか言いようがない大人の学生生活であります。

それでも怒涛はきっと私だけ σ(^_^;)

頑張ります。


【追伸】
僕さんもハイスクールの勉強に追われて怒涛の毎日であります。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

連休に本気出すつもり。

  • 2017.11.02 Thursday
  • 19:55
11月に入ってしまいました。

三大プロジェクトの第2弾と僕さんの諸々で

多忙極めております。

僕さんのサマーキャンプの募集もいよいよ始まり

そちらも始めなければ・・・

しかしまずは私の第2弾が先・・・

ということで

今週いっぱいかけてなんとか終わらせたい (T_T)

私の精神安定剤であるこのカクタス通信もまったく書けず

結構追い詰められております。

10月も全然書けませんでした。



この第2弾ができたら

ちょっと一息つけるかな?

散歩すら

なかなか行けませんが

秋を感じることができて

一瞬幸せを感じた次第(´-`)

今から本気出します。

ではでは。

素敵な連休をお過ごしくださいね (^^)

(連休ですよね??)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

TOEFLが不要なケース。

  • 2017.10.28 Saturday
  • 02:20
僕さんの学校(K-12)のギフテッド・プログラム(アカデミー)には

プログラムのなかにカレッジ・カウンセリングというものが含まれていて

ミドルスクールの頃から大学受験を視野に入れた指導や相談を

生徒(である僕さん)が毎週Skypeで受けることになっています。

このカレッジコーチも

当たり外れなのか、なんなのか

やはり合う合わないはあって

7年生の年のカレッジコーチとはダラダラやっている感じでした。

しかし8年生の昨年度から僕さんの担当となった新しいカレッジコーチは

僕さんの毎週のプログレスから何からしっかりチェックしてくださり

私の事細かな質問にもすごく丁寧に答えてくださって

本当にありがたく、本当に助かっています。

僕さんの学校には

仕事が普通より速い先生と、普通よりゆっくりめな先生がいるのですが

普通より速い先生は

気がまわり、いろいろ細かく、かなりきちんとしていて

信頼が置けます。

僕さんのカレッジコーチも仕事が速く本当にきちんとした方なので

いやぁ、ありがたい!

と私などは毎週感謝しているのでした。

そのカレッジコーチに

今週(数ヶ月ぶり!に)ようやくメールを書いて

私があまりわかっていない大学受験の諸々のうち

とりあえず早急に知りたいこと7つを質問したのですが

なんとなんと僕さんは

米大学受験にTOEFLは必要ないことが判明し

カレッジフェアなどで聞いた話と違って大ショック!

もちろん枠はinternational studentsになるのですが

アメリカ現地校や英語が公用語の高校に3年以上連続で通っていた生徒は

英語がネイティブ並みであるとみなされ

TOEFLは免除されるとのことでありました。

(僕さんの学校にはinternational studentsも数多く在籍している)

カレッジコーチいわく

大学受験時には僕さんはUS schoolに少なくとも6年通っていたことになるため

TOEFLは必要ない、と・・・

(代わりにSATなどの言語スコアは最低でもネイティブ並みを期待される)

(英語が公用語のインターの生徒もTOEFL免除になるんだろうか?)

(英語が公用語の小中学校に所属していたバイリンガルでもTOEFLは必要)

(要は高校時代を英語が公用語の学校で過ごした外国人生徒のみTOEFL免除)

(↑大学によっては違うかもしれません。UCはコーチの言う通りでした)

しかし

だからこそ(僕さんの)高校を卒業するためには日本語以外の外国語が必須

ということで

今年度から勉強しているラテン語はドロップできないそうであります (^^;;

じつは僕さんは

今年度の高校1年目で課されている勉強量の多さに途方に暮れており

今月はちょっと荒れているのでした。

故に

そういえば日本人だし

すでに(一応なんちゃって)バイリンガルなのだから

あえて第3ヶ国語を勉強する必要があるのだろうか

と私も思ったわけです。

先月ちょっと話を聞いた某カレッジの日本人スタッフにも

「僕さんには第3ヶ国語は要らない。TOEFLが必要だ」

と言われたし

僕さんの学校の(カレッジコーチでなく)スクールカウンセラーにも

「3ヶ国語を操れると大学受験にプラスだから強く勧める」

と言われ

「第3ヶ国語は必要ではない、が、あったほうが大学受験にはかなり得である」

と解釈でき

明確な基準がよくわからなくて困っていたのでした。

もし

僕さんのような(超なんちゃって)バイリンガル生徒は

すでに英語と外国語を習得している(ことになる)ため

必須科目である外国語は免除

ということであったら

ラテン語のコースを今すぐにやめ

全体の勉強量を少しでも少なくしたかったのですが

今回カレッジコーチが

いやいや、僕さんは、英語&外国語に関してはアメリカ人生徒と同じ土俵です

と明確に説明してくださったので

やっとすっきりした次第であります。

TOEFLが要らないことにもびっくりしましたけど

でもまあ確かに要らないですよね σ(^_^;)

キンダーから英語が公用語の学校で勉強してきているのですから。

だからこそ私としては

ラテン語の代わりに母国語であるはずの日本語を勉強させたいのですが

今の勉強量では日本語を勉強する余裕が(僕さん的には)なく

残念ですが断念するしかありません。

僕さんの日本語の勉強は

私が大学院を卒業したあとのschool year=僕さんが11年生の年に

改めてしっかり教えようと思いました。

(今は私も教える時間がまったくない、、、)

ちなみに僕さんは

ラテン語自体は非常に面白い

と楽しんでいます。

ただ

勉強が全体的に大変なため

必須でないのならラテン語をやめたい

と願っていたのでした。

昨年度までの(今から思うとゆるかった)ミドルスクールとは打って変わり

今年度からは(好きでない)国語=英語や世界地理もHonorsで

初めてのAPコースや外国語コースにも挑戦し

ギフテッド・プログラムならではの必須コースも2つあり

それらに飛び級している理数のHonors 2コースを合わせて

全8コース (ーー;)

忙しいスケジュールが大の苦手な僕さんにとって

これはとんでもなく大きなトランジションであります。

まさに試練!(苦笑)

今年度が山でありましょう。

すべてのコースが

今のところ想像していたほど難しくはなくて

とにかく作業的に面倒で時間がかかるだけ

というのは幸なのか不幸なのか

一体どちらなんでしょうかね、、、

究極に面倒くさがり屋の僕さんにとっては

地獄かもしれません。

踏ん張れ、僕さん!

面倒でも通らなくちゃいけない道は(たまには)ある!

それが高校を通して体験的に学べるだけでもありがたい

と私は思っています。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

三大プロジェクト第2弾の季節。

  • 2017.10.27 Friday
  • 16:30
こんにちは。

ついさっき10月に入ったと思ったのに

気づいたら10月末になっていました。

びっくりしています・・・

この1ヶ月も(僕さん&私それぞれ)いろいろあって

忘れないように書きとめておこうと思っていたのに

毎週の課題などに追われ

まったく書けませんでした (^^;)

これは前にカクタス通信で書いたと思うのですが

先月末に不安感が強く出てしまったため

今学期のコースの三大プロジェクト第1弾は(結局)延長している次第・・・

毎週の課題の合間に(その第1弾の論文を)書き続け

あともう少しで提出なるか!

というところで第2弾の季節が到来してしまい

とりあえず明日からは第2弾に先にとりかかろう

と思っているところであります。

今日はウィークリー課題をまず終わらせよう・・・

それにしても

毎週毎週

どれだけ読ませるんだ、、、

と情報過多で脳がはちきれそうでございます (T_T)

そのアウトプットとしてディスカッション・クエスチョンに答えるのですが

それがオンラインだとエッセイ形式なってしまうため

毎週毎週

どれだけ書かせるんだ、、、

と活字離れしたくなります (T_T)

本当にもうしばらく何も読みたくない!という感じ、、、

でもコースはまだあと1ヶ月半続き

今が踏ん張りどころでありましょう・・・

40も(かなり)過ぎてから大学院に入って勉強する

ということは

若い学生の頃と違って様々な覚悟も必要ですし

好きじゃなければできないと思うのですが

好きだし覚悟もしたのに今更ながら正直つらいですね(苦笑)

勉強だけに集中できるならそこまで大変じゃないと思うのです。

それが状況的にできない歳をとってからの勉強は

想像以上に大変でありました (^_^;)

なんで始めちゃったのかな

と(じつはたまに)思います。



これを今やらなかった場合の将来を考えると

私には本当に何もない

という強い不安感、恐怖感に陥ってしまうので

やっぱり頑張ろ〜〜!と思うのでありました。

夫も私の家事の負担を減らそうと無言で頑張ってくれています。

ちなみに世の旦那さんの協力の仕方には

子育てから洗濯、掃除、料理などを妻と一緒にやる『unitedパターン』



自分のことだけ自分でやることで妻の負担を減らす『dividedパターン』

と2種類あると思うのですが

我が夫は私が妊婦さんの頃から顕著に後者であります。

4年前あたりまでは

このdividedな感じが淋しくて悲しくて耐えられませんでしたが

僕さんにまつわる問題が一気にぐわっと大きく表面化した4年前からは

もうunited/divided言ってられなくなり

この際unitedでもdividedでもサバイブできるならどっちでもいいわ

と今に至っております。

あと1年半(´-`)

いや、まずは

あと1ヶ月半(´-`)

頑張ります。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

ミーム4U/ライフハック4me。

  • 2017.10.20 Friday
  • 20:50
前かがみの姿勢で

読んだりタイプしたりばかりしているため

背中全般が痛い、、、

ということで新しく設置しました。

ダイニングテーブルに

MyNewワークステーション

を。

スクリーン(x2)を高め設置したため

背筋がピンと伸びて

これは我ながら素晴らしいアイデア

と悦に浸っておりますよ ♪(´ε` )

ちなみに左のiPadがreading & research用で

正面のが論文などの実務作業用であります。。

いやぁ、いい感じ。。

僕さんは

So cheap!!!

と大喜び。

私的には「ライフハック!」な感じなのですが

僕さんに言わせると「完全にヤバい!完全にmeme(になる)!」んだそうな。

若者からしたら痛過ぎる親の言動が

日本でも英語圏でもmemeとなって拡散されていますが

これはギリギリ「あり」じゃないでしょうかね?

(「No.」と横で言われ続けてるけど、まあいいわ。うるさいうるさい。笑)

自分の痛みが軽減されることのほうが

中年には大事なんであります。

さぁ俄然ヤル気が出てきましたよ。。

今週末も頑張るぞ〜〜 (o^^o)

追伸#1:英語圏のmeme(ミーム)情報が書かれているブログがネット上に多々ありましたが、コチラの方のが一番新しくて面白かったです。笑笑!(←油売ってないで課題やれ、、、)

追伸#2:記事のタイトルがダサいことは計算済みであります。。(←早く課題やれ、、、)





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

8.12-10.15scratch10-15

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 16:00

9.7, 9.28 & 10.15k

  • 2017.10.16 Monday
  • 19:00

来夏のサマーキャンプ準備。

  • 2017.10.15 Sunday
  • 16:55

ギフテッドとOEの相関関係。

  • 2017.10.12 Thursday
  • 02:00
ご無沙汰しています。

課題と僕さんの諸々などで

先月末からバタバタとんでもないことになっております。

忙し過ぎてマイルドなパニック発作に見舞われ

なんと三大プロジェクトの第1弾も提出できておりません、、、

私も(慣れたもので)危険を察知した瞬間に医師に診断書を書いてもらい

急いで教授に提出して延長をお願いしたのでした (^^;;

僕さんのことで東京にも出かけねばならなかったし

今週も小さな用事達で第1弾の論文に集中できる感じではなく

今はウィークリー・リーディングとディスカッションに集中しています。

第1弾は週末になんとか終わらせることができたら・・・

あ、今週末も僕さん関係の用事があるんでした、、、

その下準備(=リサーチ&書類整理)に時間がかかる、、、

ピンチ (~_~;)

不安障害など精神性疾患にも理解のあるアメリカの大学、大学院では

医師の診断書を出せば合理的配慮を確実に施行してくれるので安心です。

(友よ、間違いを知らせてくれてありがとう!笑)

この配慮がなかったら

私はUMass(大学)も卒業できていなかったでしょう。

本当にありがたい。。。

せっかくの配慮に甘え過ぎず、早く書いて提出したいのですが、なかなか(汗)

とりあえず今週末までの用事を片付けてしまいましょう、、、

そういえば今週は

WISCなどのIQテストで測定できる知能(認知能力や推論能力)と

免疫性疾患、精神的疾患などとの相関関係が認められた

というリサーチ結果が発表されて

おぉ!!!

と大興奮しております。

こちらがその論文です。


High intelligence: A risk factor for psychological and physiological overexcitabilities

Authors:
Ruth I. Karpinskia @ Department of Psychology, Pitzer College, 1050 N. Mills Avenue, Claremont, CA 91711, USA
Audrey M. Kinase Kolbab @ Department of Industrial-Organizational Psychology, Seattle Pacific University, USA
Nicole A. Tetreaultc @ Department of Research, Awesome Neuroscience, USA
Thomas B. Borowskid @ Department of Psychology, Pitzer College, USA

Received 20 November 2016, Revised 12 July 2017, Accepted 18 September 2017, Available online 8 October 2017.


つい今夏

“これらの(OEを含むユニークで強烈な)特徴があるからこそギフテッドは『生きにくい』『社会に順応しにくい』というわけではない”

と大学院で学び



今学期の教科書でも

“NAGCのメンバーでもある教育者、心理学者、研究者が共同で行なった調査の2002年の報告によると、ギフテッドがユニークなソーシャル&エモーショナルな性質や特徴を持っているとは実証できなかった”

と記載されていたので

今回のこの論文発表は衝撃的であったのでした。

個人的な経験談は

アカデミアではなんの意味も価値もないことは十分承知ですが

知能が高いほど

アトピー、アレルギー、喘息などの免疫性疾患や

鬱、不安障害などの精神性疾患にさらされる率が高くなる

という実体験には(僕さん以外の家族にも)長年苦しめられてきたので

相関関係が2002年の時点では実証されなかったことに

じつは私は内心がっかりしていたのです。



私が実証できるわけもないので

NAGCや大学院で提唱されるように

相関関係の有無に関係なく

ソーシャル面やエモーショナル面で困難を抱えているギフテッドの子達には

アカデミック・ニーズを満たしつつ

その個々人に適切なケア、サポートをしながら

親である私達が包括的に育ていくしかない

と自分に言い聞かせていたのですね。

今は忙し過ぎてまだこの論文を読めていないのですが

興味がある方はぜひぜひ読んでみてください。。

知能と心身の強烈性に相関関係が認められたと実証されたからといって

ギフテッドを毎日毎秒365日育てている私達親の独特な問題が

すぐさま解決するわけではありません。

それでも研究、解析がどんどん進み

いろいろな不思議が紐解かれていったら

ギフテッドにも優しい社会が可能になるんではないかな(´-`)

と願ってやみませんよね。。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

現実逃避に掃除と『gifted』。

  • 2017.10.01 Sunday
  • 11:40
2ヶ月ぶりに床をモップしています。

学期中は可能な限り掃除機だけで済ませているのですが

ベタベタがついに我慢の限界に達したので。

リサーチペーパーからの現実逃避でもあります。

いやー気持ちいい。。

もともと料理より掃除のほうが好きというか

家事としてなら掃除のほうが好きというか

料理に手を抜いても(子育てを考えなければ)全然平気だけれど

家が汚かったり散らかり過ぎてしまうと

アトピーや喘息も悪化するし

精神的にもう心の底から耐えられなくなるのですね。

家ごとゴミ箱に捨てたくなってしまいます。

料理には今はこだわれなくても

外で美味しいものが食べられますよね。

でも家が汚くて耐えられないからホテルに逃避することは

まあ我が家はそんな金銭的余裕はないですし

たとえ一時的に逃避できたとしても

またゴミ屋敷に帰宅することを思うとバカみたいですし

そのお金があるなら家事代行サービスを頼んで

ピッカピカに掃除してもらいたいなぁ(´-`)

その前に不用品を全部処分したいですが

それは我々本人でないとできないため

今は我慢するしかありません。

とりあえず今学期は

課題にいき詰まったら可能なエリアを掃除することにしよう。。

目指せ冬休み!であります。

今度の長期休暇こそ

延期課題でなく

断捨離するぞ!

そのために今は

延期課題を出さないよう

今学期の勉強を頑張りたいと思います。

そういえば

映画『gifted』を

買って観ました。

現実逃避

のためだけではなくて

今学期のコースの三大プロジェクト第3弾で使えそうなので。

(第3弾はギフテッドが主人公の文学や映画など二作品の比較分析ペーパー)

アメリカのギフテッド・コミュニティでも

ウソ臭くなく&的外れじゃなく(要はギフテッドの現実にありがちな話で)

ギフテッドというよりは家族愛に重点が置かれている純粋に良い作品

と評価が高かったですが

まさにその通りでありました。

“おじさん” の言い分も “おばあさま” の言い分もわかるし

どちらも間違ってないよね・・・

と。

あとはもう

子ども本人の希望や性格、特質や(ある場合は)困り感、

家族の(例えば文化なり経済的な)環境や状況によって

家族それぞれが選択し、決断し、柔軟に進んでいくまでかと思いました。

日本では確か11月公開ですよね。

私は今年この映画を5回も見逃したので

もう我慢ならずに買って観てしまいました (^^;;

(どうでもいい話ですが、2月3月に渡米したときは劇場上映直前で帰国し、6月に渡米したときはサンディエゴ近郊ではもう上映されておらず、最新映画がいつも観られる国際線でも往復どちらも何故かセレクションになくて、6月7月の時点では北米両親宅のオンデマンドやアマゾン・プライムでも公開されておりませんでした。しかし我々が帰国してから即オンデマンドかアマゾン・プライムでavailableになったそうで、なんじゃそりゃ、、、であります)

私のように待てない方

私はアメリカのアマゾンで購入しましたよ〜(笑)

わかりませんが

私もプロジェクトで使わないのであったら

あえて買わなかったかも??

(買うか買わないか1ヶ月悩んだ)

個人の参考になる、ならない、というより

この映画がこのタイトルのまま日本で劇場上映されることに意味があるのだろう

と思います。

さて

リサーチペーパーに戻りますね・・・

皆さんは良い日曜日をお過ごしください。。





Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM