今さらながら虜中。

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 18:20
5月になってしまいました。

って月が変わるごとに

「O月になってしまった、、、」

と言ってますよね (苦笑)

とりあえず課題に集中しなければ

もう いい加減 危険です。

そんななか

久しぶりにクラスメイトにも会うわけだし

このお腹お尻まわりのモチャモチャした感じをどうにかしたいんだけど

と欲張った気持ちが湧いてきてしまいました。

そうこう(ごちゃごちゃ)しているうちに

こちらの方のZumbaがすっごくイイんじゃない??

と見つけてしまいましたよ。

(要はサボっている)

でもすごく気持ち良さそうに踊ってるんですよねぇ。。

いいなあ(´-`)

腰痛持ちでも大丈夫かなぁ・・・



マネして踊ったりしたら僕さんに(視覚的に)迷惑かもしれない

と遠慮しながらもドタバタ踊ってみましたが

僕さんは私のやることにまっっっっっったく興味ないようで

完全スルーでした。

夫もスルーしそうだな。

スルーが何気に一番こたえるんだけども (^^;;

まあいいや。

スルーに負けず踊りたいと思います。

このメタさんという方のほかの動画

SIAのCheap Thrillsで踊るものがあって

それを観ていたら曲が耳から離れなくなってしまい

こりゃあかん

とオリジナルに飛んでみたら

やばい

今さらながらMaddieちゃんのダンスの虜になってしまいました、、、

MaddieちゃんはSIAのChandelierで一応知ってはいたのですが

(その表現力や身体能力はもう凄過ぎる!と感動しつつも)

今回は

耳から離れないこちらの曲(と The Greatest)の彼女のダンスに

魅了されております。



(こちらの動画のほうが躍動感や美しさがわかりやすいかも?)

この春(初夏?)は

Cheap Thrills

が課題と結びつくのかな(´-`)

(歌詞的にはThe Greatestかな?自分を叱咤激励してかなきゃだし、、ブツブツ)



Zumbaをするんだった σ(^_^;)

いや

違うわ

課題やれ、、、






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

実在的な鬱。

  • 2018.04.29 Sunday
  • 12:15
黄金休暇に突入しましたね。

大学院の夏の “強化合宿” が近づいてきているのをいよいよ感じてきましたよ (^^;;

そんななか昨日は

用事ついでに

またまたドライブ&撮影に行ってきました。

なんの変哲もない



でしたが

夕日は

綺麗でありました。

さて。

実在的な鬱

という大きなタイトルをつけてしまいましたが

このexistential depressionというのは

ギフテッドの子達が陥りやすい鬱である

とDr. Webbが

SENGのExistential Depression in Gifted Individualsという記事のなかでも

書かれています。

今は時間もないですし、訳せません(汗)が

それにしてもこのexistential depressionって日本語でなんと訳すんだろう

と検索してみましたら

なんと あーちゃんママさんの過去記事

100 Words of Wisdom: Dr. James T. Webbの言葉

にヒットいたしました(笑)

(今さらながら、あーちゃんママさん、ありがとうございます。。)

(紹介されていたDr. Webbの本も参考になります)

あーちゃんママさんの記事を読んでいただければわかると思いますが

ある程度人生経験を積んだ(大)人が陥りやすい根本的な問い・・・

いわば

なんのために生まれてきたんだろう

なんのために生きているんだろう

何を頑張っても自分1人の力では何も変えられないし・・・

結局は死んで全てなくなるのに、死を前提に何を目標として生き抜けというのか

などと答えのない根本的な問い(実在的問題?)に引っかかってしまうと

鬱の世界にどんどん引きずりこまれ

20歳を過ぎた大人でも抜け切るのに何年もかかってしまったりしますよね。

“Such concerns are not too surprising in thoughtful adults who are going through mid-life crises. However, it is a matter of great concern when these existential questions are foremost in the mind of a twelve or fifteen year old. Such existential depressions deserve careful attention, since they can be precursors to suicide.”

とDr. Webbも書かれているように

この実在的な鬱にまだ10代前半の子達が陥ったら自殺に繋がりやすいことから

かなり注意して見ていないといけないと私も思います。

僕さんがexistential depressionに陥っていたか(いるのか)わかりませんが

結局は死んでいくのに・・・

という虚無感や孤独感は6年生の頃から感じ始めていたようでした。

それが思春期という不安定かつ過激な時期まっただ中にあると

(学校の勉強や課外活動など一気にハードになる時期でもあることから)

この感覚が驚くほど急激に加速する(増す?深まる?)ようで

一時は「いったいどうなるのか、、、」と恐怖で私が死にそうでありました。

(おかげさまで今だいぶ抜け出してきています。ほ。。)

一言では語り尽くせないのですが

ただ一つ言えるのは

この種の大きな根本的な問いに真正面から向き合っている子(大人でも)に

そんなこと誰もわからないし、考えたってしょうがないよ(←余計鬱になる)

とか

どうせ死ぬんだから楽しくいこうよ(←軽過ぎて信頼を失う)

とか

だからこそ後悔しないよう今を一生懸命生きろ(←最強に響かない)

などと言ってみても本人には気休めにすらならなかった

という事実。

ちなみに僕さんも同年代の友達何人かに相談したりしてみたそうですが

同じようなことで本気で苦しんでいる子は1人もいなかったそうでした。

(↑それでますます孤独感や疎外感を強めていったんだと思う)

こんなこと

大人ですら共感し合える人に滅多に出会えないのにね・・・

というわけで

本格的な(実在的な)鬱に陥ってしまう前に

周りの大人はとにかくまず(軽んじずに)気づいてあげることが一番大事で

気づいたら次は(とにかく)悪化させないよう即動くこと

だと思いました。

どう動くか

に一番悩むと思うのですが

これは個人の性格や傾向、家庭環境、学校環境等で違ってくると思います。

例えば

可能な限りの今現在の負担を減らす

ということだけでも

もともと内向的な気質の子と外向的な気質の子では

負担=ストレスに感じることが真逆だったりしますから

我が子に合った動き方をしていかないと逆効果になりかねませんよね。

私は

先日 紹介したDr. Webbらの記事を参考にしたり

健康食品/サプリメントを取り入れたり

学校はもちろん

ギフテッド又はティーン専門の心理学者にヘルプを求めたりしました。

実在的な “鬱” までいかなくても

強烈な虚無感というのは

今まで本人が持っていたはずの生き甲斐や目標、情熱を

すべて無意味なもの

と感じさせてしまうため

とにかくまずは

好きなことができるくらいまで元気を回復させること

が最重要だと思いました。

それがゲームであってもなんでも

それをやりたい=何かやりたい=生きる気力が若干ある

ということですから・・・

あとはもう

その子に合った距離感で寄り添うしかなかったりして・・・

不安や恐怖から、とにかくずっと喋っていたい子もいれば

微妙な距離を保ちつつ、でも見えるところにいてほしい

という子もいますから

本人に一番合った距離感というのは大事かもしれません。

今回思い知ったのは

何がきっかけで急激にずどんと落ちるかわからない

ということでありました。

でも ずどんと落ちる前にじつは(ある程度の期間)兆しがあったはずで

それを見逃していたり、あるいは見て見ぬふりをしていたのなら

そこまで遡って原因を探ることが一番の解決策かも

と思います。

人生とはなんぞや

みたいな根本的な問いに対して鬱々している場合でも

その問いを自身に投げかけ始めるきっかけとなった諸々が幾つかあるはずなので

それを探るのは

本人を闇から引っ張り上げるためにも非常に有効だと思いました。



鬱や不安障害は遺伝しますから

遺伝だ!ごめん!

(でも私も大丈夫だったし、これからも大丈夫だし、キミも絶対大丈夫)

とカジュアルに(決して絶望的な感じではなく!)話して聞かせるのも

我々親子の場合はよかったと思います。

(↑前から見たり聞いたりしているので、我が家では新しい話題ではない)

(遺伝か、、、と落ち込みが強くなる子もいると思うので、見極めは大事)

思春期前のお子さんなら

こちらのシリーズが良い

と友人に教えてもらいました。

(ありがとう。。。)

僕さんもこれから更にいろいろな経験をしていくなかで

なんのために生きてるんだろう、、、

と自問することが繰り返し訪れると思うのですが

ヘルプを求めることだけは絶対に躊躇しないよう

伝え続けていこうと思っています。

(なんの参考にもならないことを長々と書き綴ってしまった ^^; )

ではでは。

楽しい黄金休暇を・・・!


Reference
Webb, J. T., (Sep 13, 2011). Existential Depression in Gifted Individuals. Supporting Emotional Needs of the Gifted. Retrieved from http://sengifted.org/existential-depression-in-gifted-individual/






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

CBDとか。

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 21:10

先延ばし魔なだけ。

  • 2018.04.23 Monday
  • 23:00
初夏の陽気が続いているなか

いろいろなことが一気に溢れ出て

恐ろしく心身消耗しておりました



大学院の夏学期の課題をいい加減始めなければ

もうシャレにならないくらいヤバい、、、

ということで

今更ではありますが勉強を始めております。

とりあえず今から1ヶ月でセミナーの前課題を・・・

(というのは期限が6月1日だから)

そして5月末からは もう一つのコースの勉強とプレゼン準備をアメリカで・・・

理想的?な学習計画ですが

はたして可能だろうかと心配です。

というのも私は正真正銘の先延ばし魔で

計画だけは意気揚々と立てるのですが

結局はギリギリにならないと始められないという最悪タイプなのですね、、、

まったくだらしない、、、

と自己嫌悪に陥っていたとき

下のTEDを観て若干勇気づけられたので

同じく先延ばし魔かもしれない皆さんにもぜひ。。

(画面右下でサブタイトルを選択できるようになっています)





しかし私は別にオリジナルでもなんでもなく

純粋に先延ばし魔なだけな気がするなぁ σ(^_^;)

とりあえず勉強と並行して

渡米準備も始めています。

ビザのオンライン申請がうまくいかず

かなりイライラしましたが

数日かけてなんとかした次第。

MacBookからだと申請書から即サインアウトされてしまうんですよ、、、

我が家にはMacBook一台しかないから本当に焦りました。

結局iPadから試してみたら大丈夫だったので

ほ。。。

(というより安堵から一気に疲れた ^^; )

いずれにしても

恐ろしい夏の強化合宿に向けて頑張りたいと思います。






Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

今年度の後期。

  • 2018.04.16 Monday
  • 18:35

闘病のはじまり。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 13:00

ギフテッド・ティーン。

  • 2018.04.12 Thursday
  • 10:30
瞬く間に4月となってしまいました・・・

この1ヶ月は私にとっては激動の1ヶ月で

大学院の課題にすら手がつかない毎日でありました。

が、しかし僕さんも(情熱を見失い)虚無感のまっただ中にいて

独り苦しんでいるため

兎にも角にも私が落ちている場合ではない!

と自分を叱咤激励し

なんとか日常にしがみついている今日この頃であります。

思春期は心も身体もぐんと成長する時期で

誰もが過敏かつ不安定になるときでしょうけれど

こちらの記事 Straight Talk: Helping Bright Teens Through Tough Times 内で

“Remember that gifted kids are incredibly intense. Adolescents are also pretty well known for overreactions and for not having a long-term view of situations, goals, or life in general. When you add these together, it can be a bad combination, particularly if the child feels alone and believes that he or she would not be understood by others if he or she opened up.” (Jim Webb)

とDr. Webbも書かれているように

やはりもともとが強烈なギフテッドの子達は

ティーンになると

思春期特有の過激性ほか様々な特徴も加わって

さらに強烈なり過敏になるようで

親としても慎重に(しかし前向きに&積極的に)サポートしていかねば

と肝に命じて動いています。

(この記事はヒントにも励ましにもなりました)

(訳す時間や気力、体力が今はなくて、残念です、、、)

スクールカウンセラーを含む学校の先生方も支援してくださってますが

僕さんの虚無感がやはりちょっと大き過ぎるため

この夏はギフテッド専門の心理学者にも相談しようと準備を進めています。

ギフテッドの子のことは

誤診や誤解を避けるためにも

可能であればギフテッドを専門としている教師、医師、心理士に相談すること

とDr. Webbも(家族対象の)プレゼンなどで毎回言われているし

私も子育てや勉強を通してきているなかで切々とそう思うため

今回もギフテッド専門の心理学者にあたろうと思いました。

なんやかんや大変ではありますが

ギフテッドである、ない、に関わらず

子育てを通して本当にいろいろ学ばせてもらっているな

と改めて感じています。

私としては

例えば今から5年、10年後に

「そういえば息子さん元気?今どうしてるの?」

と聞かれたときに

「He’s doing what he loves! And I’m so proud, and happy!」

(↑日本語だと文化的に違和感がある言い回しなので、、英語で失礼します)

と言えたら本当に嬉しいな・・・・・

ちなみに下のTEDは

子育てや自分の勉強などで行き詰まっている最近 1番響いたものです。

偶然出会って

なるほど!本当にそうだし、今までも確かにそうだった!

と元気をもらいました。

(僕さんには全然響かなかったようだけど。まだ無理かな。笑)

日本語のサブタイトルがついたものを

ブログ仲間のGRさんが見つけてくださったので

カクタス通信でもシェアしたいと思います。

(GRさん、ありがとうございました。。)











Instagram

カクタス通信にご訪問くださりありがとうございました。

生き甲斐さえあれば。

  • 2018.04.12 Thursday
  • 01:40

現時点では。

  • 2018.04.07 Saturday
  • 12:10

調整中。

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 19:10

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ギフテッドチャイルド育児

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

 (JUGEMレビュー »)

天才物理学者たちのギーク(マニアック過ぎ)で滑稽な日常を描いたアメリカン・コメディー。彼らの個性の偏り具合が僕さんとかぶります。シーズン10は2017年9月に発売!

recommend

セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品)
セタフィル ジェントルスキンクレンザー 472ml (並行輸入品) (JUGEMレビュー »)

アメリカの皮膚科で推奨されている全身洗浄剤。重度アトピー肌にもまったくしみません。。

recommend

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market)
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: A Novel (Vintage Open Market) (JUGEMレビュー »)
Mark Haddon
邦題は『夜中に犬に起こった奇妙な事件』。ASD(自閉症スペクトラム)である主人公クリストファーの視点で物語は進行していきます。ASDを体感できる不思議で貴重な小説です。易しい英語なので、原書もオススメです。

recommend

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱)
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハリネズミの本箱) (JUGEMレビュー »)
マーク ハッドン
『the curious incident of the dog in the night-time』の日本語版です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM